将棋大会

競輪の補助事業

整理番号   2017P-095
補助事業名  平成29年度 青少年の健やかな成長を育む活動 補助事業
補助事業者名 公益社団法人 日本将棋連盟

1 補助事業の概要

(1)事業の目的
日本古来の伝統文化である将棋を通じて、青少年の健全育成を図るとともに将棋の普及発展を目指し、もって公益の増進に寄与する。
(2)実施内容
文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦の開催
http://www.shogi.or.jp/tournament/ministry_of_education_cup/index.html
https://www.shogi.or.jp/event/2017/08/13_15.html

・内容:日本の伝統文化である将棋を通じて児童・青少年の健全育成と将棋普及を図るため、県代表チームによる学校対抗戦を行い交流の場を作る。チームは小学生・中学生とも同じ学校に通う生徒3名で編成。小学生同士・中学生同士で対戦する。
・開催日:東日本大会 平成29年7月24日(月)
西日本大会 平成29年7月25日(火)
決勝大会  平成29年8月8日(火)
・場所:東日本大会:大手町サンケイプラザ
西日本大会:ホテルモントレ大阪
決勝大会 :大手町サンケイプラザ
・参加対象者:小学校代表64チーム・中学校代表64チームをそれぞれ東西に分け、32チームずつとする(複数チームの出場地域あり・1チームは小学生3名または中学生3名)。

競輪の補助事業_01 競輪の補助事業_02
写真左:東日本大会の模様
写真右:講師による指導対局

競輪の補助事業_03 競輪の補助事業_04
写真左:西日本大会の模様
写真右:西日本大会成績優秀者

競輪の補助事業_05 競輪の補助事業_06
写真左:決勝大会の模様
写真右:決勝大会成績優秀者

2 予想される事業実施効果

本大会に参加した児童・生徒にとっては技量の向上、礼儀作法の習得、チームワークの大切さ、相手を思いやる気持ちといった、青少年の健全育成において貴重な体験を得る機会となったと考える。
大会参加者が増加したという結果からも、本事業の意義が、児童・生徒、学校関係者・保護者に広く浸透し、将棋を通じた青少年の健全育成が着実に実現していると考える。本事業の継続により、将棋を通じた日本文化の理解、教育的効果の増進といった効果を生むと考える。

3 補助事業に係わる成果物

(1)補助事業により作成したもの
文部科学大臣杯第13回小・中学校将棋団体戦パンフレット 750部

(2)(1)以外で当事業において作成したもの
なし

4 事業内容についての問い合わせ先

団体名: 公益社団法人 日本将棋連盟(ニホンショウギレンメイ)
住 所: 〒151-8516 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9
代表者: 会長 佐藤 康光(サトウ ヤスミツ)
担当部署: 普及免状部(フキュウメンジョウブ)
担当者名: 磯辺(イソベ)
電話番号: 03-3408-6165
FAX: 03-3404-7301
E-mail: isobe@shogi.or.jp
URL: https://www.shogi.or.jp/tournament/ministry_of_education_cup/index.html