将棋コラム

人気のシリーズ

将棋コラム

玉も囲いの守りの一部?相掛かりや横歩取りでよく用いられる「中住まい」の特徴と組み方とは?

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年04月20日

今回のコラムから、また居飛車での囲いについてご紹介していきます。今回、ご紹介するのは「中住まい」という囲いです。まずはどんな囲いなのか? そちらを見ていき...

>続きを読む

将棋を楽しむための情報が満載!将棋リスタート組にオススメしたい「NHK杯」&「将棋フォーカス」

Category:エンタメ   writer:新田浩之   update:2018年04月19日

将棋を指すことから一定期間離れている方は、どのように将棋をリスタートすればいいのかわからないこともあるでしょう。そのような将棋リスタート組におすすめするの...

>続きを読む

少しの違いで大失敗?▲2四歩のタイミングを見極めよう!【矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年04月18日

今回のコラムは、矢倉での4七銀、3七桂型から攻めていく指し方を見ていきます。それでは第1図です。 【第1図は△4四銀まで】 いま、▲4五歩△同歩▲同桂に△...

>続きを読む

謎を解いて棋士と写真が撮れる?若手棋士で構成される東竜門主催「将棋会館フォトツアー」の様子をご紹介!

Category:エンタメ   writer:マツオカミキ   update:2018年04月17日

棋士や女流棋士の写真を撮ったり近い距離で話したりできる、東竜門主催の「将棋会館フォトツアー」が3月31日に開催されました。今回のフォトツアーは、若手棋士で...

>続きを読む

羽生竜王などトップ棋士も採用!プロ間で流行中の雁木の攻撃形とは?【矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年04月16日

今回のコラムからは、矢倉でよく見られる攻撃形からの攻め方をご紹介していきます。それでは第1図です。 【第1図】 先手の形は最近なんとなくよく見ている気がし...

>続きを読む

どちらが勝っても68年ぶりの偉業。金井恒太六段VS高見泰地六段、叡王戦七番勝負の展望は?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2018年04月13日

将棋界八つ目のタイトル戦「叡王戦」の七番勝負が間もなく始まろうとしている。第1期、第2期は一般棋戦だったが、今期の第3期からタイトル戦に昇格した。昇格後初...

>続きを読む

じっと▲2五歩が好手。飛車先と桂馬を使い敵陣を乱す攻め方とは?【矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年04月13日

今回のコラムも、矢倉に対する攻め方をご紹介します。第1図をご覧ください。 【第1図】 先手は銀が4八にいるので、すぐに銀を活用して攻めるというわけにはいき...

>続きを読む

羽生竜王、通算獲得タイトル100期目なるか。羽生善治VS佐藤天彦、名人戦七番勝負の展望は?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2018年04月12日

将棋界における年度初めの風物詩ともいえる名人戦七番勝負は今期で第76期を迎えた。開幕の第1局は4月11日に東京都文京区のホテル椿山荘東京で行われる。 今期...

>続きを読む

プロになって10年。香川愛生女流三段が考える「次の一手を読むために大切なこと」とは?

Category:棋士・棋戦   writer:マツオカミキ   update:2018年04月12日

sponsored by ローソン 普段は勝負の世界に生きる女流棋士たちと、デザートを食べながら話をしたら、「勝負師の顔」とはまた違う一面を見せてくれるの...

>続きを読む

将棋地口・第3笑 『アラという魚は骨ばかり』

Category:エンタメ   writer:谷木世虫   update:2018年04月10日

 我が将棋クラブは海のそばにあるのですが、最近は大きなビルが建ったり、大型デパートが進出したりで、もうすっかり様変わりしてしまい、とても海のそばといった雰...

>続きを読む