将棋コラム

人気のシリーズ

将棋コラム

「頭の中に隙間を作る」ことで新しい発想を生み出す【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年09月26日

永世名人(十九世名人)、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世棋聖、永世王将と6つの永世称号を保持する羽生二冠。壁にぶつかることなどないのではと思ってしまう強...

>続きを読む

史上初の四冠制覇!第71回アマチュア名人戦全国大会、横山さんが優勝

Category:棋士・棋戦   writer:渡部壮大   update:2017年09月25日

第71回アマチュア名人戦の全国大会が9月2~4日に東京都港区「チサンホテル浜松町」で開催された。各都道府県の代表62人に、前アマ名人の天野啓吾さんと支部名...

>続きを読む

一点集中で矢倉を攻略!かつてはタイトル戦にも登場していた「雀刺し」とは

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年09月24日

前回までは、15回にわたり、急戦矢倉での指し方をご紹介いたしました。 今回のコラムからは、雀刺しで矢倉を攻略していく指し方をご紹介いたします。まずは、雀刺...

>続きを読む

急戦矢倉をマスターしよう【矢倉囲いの崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年09月22日

ここまで、急戦矢倉での指し方をご紹介してきましたが、今回で急戦矢倉のコラムは最終回となります。それでは第1図をご覧ください。 【第1図】 前々回の...

>続きを読む

藤井聡太四段の公式戦29連勝ってどれくらいすごい?過去の連勝記録を振り返る

Category:将棋雑学   writer:宮本橘   update:2017年09月21日

2017年6月26日。この日は将棋界にとって、後世まで語り継がれる伝説の日となった。若干15歳の天才棋士、藤井聡太四段が公式戦29連勝の新記録を樹立した日...

>続きを読む

双方の視点で最善手を模索するという行為の大切さ【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年09月20日

勝負の世界では、「絶対勝つぞ!」「相手に負けてたまるか!」「相手を打ち負かせ!」と、激しい闘争心とハングリー精神を持って挑まなければ勝てないと言われてきた...

>続きを読む

5七銀左型急戦矢倉を覚えよう!ポイントは▲2四歩の打ち捨て

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年09月19日

今回のコラムでも、5七銀左型急戦矢倉での指し方をご紹介していきます。まずは、第1図です。 【第1図】 前回のコラムで宿題にさせていただいた局面です...

>続きを読む

女性に将棋を広めるには?全国将棋サミット2017レポート(後編)

Category:将棋雑学   writer:山口絵美菜女流1級   update:2017年09月17日

真夏の倉敷を舞台に行われた「全国将棋サミット」。第一部・第二部をご紹介した前編はお読みいただきましたか?今回は後編「第三部;パネルディスカッション」の模様...

>続きを読む

佐藤天彦名人や菅井竜也王位が倉敷に!全国将棋サミット2017レポート【前編】

Category:将棋雑学   writer:山口絵美菜女流1級   update:2017年09月15日

皆さんは「将棋の街」と聞いてどんな風景が思い浮かびますか?長きにわたって将棋が産業に根差している町やタイトル戦の開催地、多くの棋士を輩出している街など、日...

>続きを読む

一番強い手が最善手というわけではない。曖昧さを求めるということ【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年09月14日

以前【ファジー】という言葉が流行ったことがあります。PC社会、AIなどがかつて苦手にしていた分野ということで注目された言葉、言い換えると「曖昧」でしょうか...

>続きを読む