将棋コラム

桂馬を使った端攻めのタイミングを見極めよう。矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは【第72回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年12月14日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は△3五銀まで】 いま、後手が△3五...

>続きを読む

一手の違いで不利に。糸谷流右玉の駒組みでの注意点とは?【玉の囲い方 第58回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年12月13日

前回のコラムでは、対振り飛車における右玉の「糸谷流右玉」をご紹介しました。今回は、組む際の注意点と発展形を見ていきましょう。それでは、糸谷流右玉に組むまで...

>続きを読む

「つい最近まで反抗期だったんです」将棋一家の塚田恵梨花女流1級に聞く、両親への想い

Category:棋士・棋戦   writer:マツオカミキ   update:2018年12月12日

sponsored by ローソン ローソンのデザートを食べながら、和やかな雰囲気で女流棋士にお話を聞くこのシリーズ。今回は塚田恵梨花女流1級のインタビ...

>続きを読む

斎藤明日斗四段に抜かれたことがつらかった。本田四段が奨励会時代を振り返る【新四段インタビュー 本田奎四段前編】

Category:棋士・棋戦   writer:渡部壮大   update:2018年12月11日

2018年10月1日に新しく二人の棋士が誕生しました。今回はそのうちの一人、本田奎新四段に将棋を始めたきっかけや奨励会時代についてのお話を伺いました。三段...

>続きを読む

将棋地口・第15笑 『くれないお仙』

Category:エンタメ   writer:谷木世虫   update:2018年12月10日

師走に入り、街では早晩、クリスマスソングが流れる季節で、恋人達に楽しい時期です。若いということは、ただそれだけで素晴らしいこと。できればそんな時代に戻りた...

>続きを読む

アマ竜王、アマ名人が揃って予選落ち。ハイレベルな大会で史上4人目の連覇を達成したのは?第35期アマチュア王将戦

Category:棋士・棋戦   writer:渡部壮大   update:2018年12月07日

第35期アマチュア王将戦の全国大会が12月1日に東京都港区「チサンホテル浜松町」で、2日目は翌2日に「将棋会館」にて行われた。地区予選代表選手17人にアマ...

>続きを読む

里見香奈が谷口由紀に勝って四冠維持。大逆転もあった、倉敷藤花戦三番勝負を振り返る

Category:棋士・棋戦   writer:渡部壮大   update:2018年12月06日

2年前と同じ顔合わせとなった倉敷藤花戦三番勝負。前回は谷口由紀女流二段が先勝したものの、第2、第3局を敗れて敗退。悲願の初タイトルを掛けて再び里見香奈倉敷...

>続きを読む

角筋を止められたらどう攻めを繋げればいいの?矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは【第71回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年12月05日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲6八角まで】 先手が銀交換をして...

>続きを読む

普通の右玉じゃない?すべての振り飛車に対応できる「糸谷流右玉」の特徴とは【玉の囲い方 第57回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年12月04日

今回のコラムでも、振り飛車に対する囲いをご紹介します。見ていくのは、「右玉」です。おや? 前回のコラムも、対振り飛車の右玉だったじゃないの。確かに今回も対...

>続きを読む

激変する将棋界、新しい棋士像 髙見泰地叡王×斎藤慎太郎王座×山口恵梨子女流二段【将棋世界2019年1月号のご紹介】

Category:エンタメ   writer:将棋情報局(マイナビ出版)   update:2018年12月03日

ここ2年で、将棋界を取り巻く環境は激変。藤井聡太七段の出現が大きなきっかけだが、インターネットによる将棋の可視化や、映像を介した新たなスター棋士が続々と誕...

>続きを読む