将棋コラム

将棋雑学のコラム一覧

羽生六冠VS谷川王将、七冠達成が懸かった一局。「5三のと金に負けはなし」で勝負を決めた【今日は何の日?】

Category:将棋雑学   writer:君島俊介   update:2017年03月24日

1995年は戦後50年、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件といった大きな出来事があった。将棋界も羽生善治六冠王が前人未到の七冠独占を懸けて谷川浩司王将に挑ん...

>続きを読む

矢内女流五段「戦いは最後の五分間にある」、上田女流三段「日進月歩」。女流棋士が揮毫に込めた意味とは?【棋士と揮毫 vol.3】

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年03月19日

将棋界において棋士とは切っても切れない関係にあるもの。それは揮毫です。 棋士が色紙や扇子に書く揮毫はその棋士の座右の銘であり、生き様も反映されたものとなっ...

>続きを読む

"棋界のプリンス"真部一男九段のちょっとしたエピソード。突然の電話呼び出し、その理由は?

Category:将棋雑学   writer:常盤秀樹   update:2017年03月06日

コラム「師匠との思い出」では、相崎修司氏が小林宏七段に師匠の真部一男九段についてインタビューし、そのコラムが2017年3月7日から連載される予定だ。幻の△...

>続きを読む

苦労したのは正座と日本語。「Shogi is my life」と語るカロリーナ女流2級の夢とは?【カロリーナ女流2級紹介後編】

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年03月02日

2017年2月20日、カロリーナ・ステチェンスカ女流3級が女流2級に昇級を決め、歴史上初の外国人女流棋士が誕生しました。 前編では日本の漫画で将棋と出合っ...

>続きを読む

史上初の外国人女流棋士、カロリーナ女流2級。NARUTOで将棋を知り、ネット将棋で腕を磨く【カロリーナ女流2級紹介前編】

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年03月01日

2017年2月20日、歴史上初めて外国から来日した女流棋士が誕生しました。その快挙を成し遂げたのはポーランド生まれのカロリーナ・ステチェンスカ女流2級です...

>続きを読む

NHK杯テレビ将棋トーナメントを楽しむための7つのポイント。対局前から対局後まで見どころが盛りだくさん!

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年02月26日

毎週日曜日の10時30分からNHK(Eテレ)で放送されている『NHK杯テレビ将棋トーナメント』は将棋ファンには最も馴染みがあり、気軽にプロ棋士の対局の観戦...

>続きを読む

「二上の将棋はキリで突き刺すような鋭さが特徴」田丸九段が語る、二上九段の思い出。

Category:将棋雑学   writer:田丸昇九段   update:2017年02月23日

昭和の将棋史にその名を刻む名棋士・二上達也九段が2016年11月1日に84歳でこの世を去りました。タイトル戦には26回登場。タイトル獲得は、5期におよびま...

>続きを読む

永世棋聖の佐藤康光九段。伝説の「第61期王将戦」をご紹介。盤外でも、ファンのため全力を尽くす彼の魅力とは?

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年02月05日

2017年2月1日のA級順位戦8回戦、ファンの心に残る死闘を繰り広げ、A級残留に望みをつないだ佐藤康光九段。将棋界の一番長い日と呼ばれる2月25日の最終戦...

>続きを読む

サブカル好きのベテラン棋士・高橋九段と、高橋一門の黒沢五段と熊倉女流初段をご紹介

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年02月02日

2017年1月3日に放送されたNHKの将棋特番『新春お好み将棋対局 花の55年組 一門対決』に出演した高橋道雄九段とその門下の弟子である、黒沢怜生五段と、...

>続きを読む

佐藤康九段は「天衣無縫」、木村八段は「百折不撓」。有名棋士が揮毫にこめる、特別な意味とは?

Category:将棋雑学   writer:直江雨続   update:2017年02月01日

有名棋士が座右の銘として大切にし、色紙や扇子によく揮毫している言葉を紹介する『棋士と揮毫』の第二回をお届けします。「この揮毫といえばこの棋士」というくらい...

>続きを読む