将棋コラム

女流棋士の集中力アップ方法を聞く!カギは「休憩」と「準備」【山口恵梨子女流二段インタビュー】

女流棋士の集中力アップ方法を聞く!カギは「休憩」と「準備」【山口恵梨子女流二段インタビュー】

更新: 2017年11月08日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

sponsored by Lipton

「集中して仕事や勉強に取り組みたいのに、なかなか集中力を維持できない......」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか? 集中力を保つ秘訣を知るべく、山口恵梨子女流二段に「対局中や普段から意識していること」をお話しいただきました。長時間にわたる対局で集中力を保つ必要のある女流棋士は、どんなことを意識しているのか? 将棋だけでなく仕事や勉強にも活用できるポイントばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

集中力をどうやって高める? 山口恵梨子女流二段インタビュー

集中できる状態をつくるために大事にしていること

shuchi01.jpg

――対局で集中力を高めるために、意識していることはありますか?

パフォーマンスを最大限に発揮するために、「準備」をすごく大事にしています。できるだけ終盤に持ち時間を残せるように、時間配分の作戦を立てておくとか。対局中はその局面のことだけに集中したいので、事前に考えられることは考えておきます。

shuchi02.jpg

――仕事や勉強などで「集中しなければならないのにできない」という時があるのですが、山口女流二段もそういう時はありますか?

ありますよ!ただ、そういう時は「集中できない理由」が必ずあると思っているので、その理由をちゃんと考えることが大事かな、と。「集中したいけどできない、どうしよう......」と思っている時間はもったいないので、集中できない理由を探して、対処するようにしています。ちなみに私の場合は、頭が疲れている時に集中できなくなることが多いですね。将棋の研究中であれば、いったん別の事をして気分転換をします。

shuchi03.jpg

――別の事というと、どんなことが気分転換になっていますか?

私は脳の違う部分を使うと気分転換になるので、漢検(漢字検定)とか英検(英語検定)の勉強をしています。将棋と違って覚えた分だけ解けるようになるので、達成感があるんです。あとは、ゲームですかね......!あ、でもポケモンなんかは結構将棋と似ているんですよ、勝てないとつまらないので(笑)。そういう意味では、漢検や英検の方が気分転換には良いですかね。

「紅茶は調子の良い時の香り」山口女流二段の強さの秘訣

shuchi04.jpg

――人に見られる環境で将棋を指す場合など、気が散りやすい中で集中するのは難しいと思うのですが......。

デビュー当時は、うまく集中できないこともありました。緊張せずに対局に集中するために、自分の好きなものや安心するものを持つようにしていましたね。尊敬している戸辺誠七段直筆の扇子を持って対局に挑んだり、お気に入りの紅茶を飲んで気持ちを落ち着けたり。

shuchi05.jpg

――対局中は紅茶を飲むことが多いですか?

はい。対局中はアイスのレモンティーを飲むことが多く、それが自分にとって集中力を高めるポイントになっています。私にとって紅茶は、「調子が良い時の味と香り」なんですよ。

――「調子が良い時の味と香り」とは?

小学生の頃、将棋会館の道場からの帰りに、母と紅茶専門店のカフェに寄っていました。将棋で勝った後に、そこでフレーバーティーを飲ませてもらった記憶が強く残っていて。だから、負けた時や落ち込んでいる時にも、紅茶を飲むと「勝った時の嬉しさ」とか「将棋の楽しさ」とか、そういう記憶を呼び戻すことができます。

shuchi06.jpg

今でも毎日紅茶を飲んでいますが、飲んだ後はパフォーマンスが高くなるように感じるので、紅茶を飲むことがルーティンになっています。まわりの女流棋士にも紅茶好きな人が多く、一緒に紅茶を飲みにカフェに行くこともあります。

――お気に入りの飲み物だからこそ、飲むことで心が落ち着くんですね。

そうですね。将棋は悪い手を指さないことが重要ですが、長時間にわたる対局でミスをしないために、集中力が切れた時には「休む」ことも大事だと思っていて。集中力が高まっている時は、良い手が見えやすかったり、深く読めたりと、パフォーマンスが良くなります。でも、その状態を対局中ずっと維持することは難しいので、紅茶を飲むことで頭を休めてリセットするんです。

他にも、お菓子を食べたり、いったん頭を空っぽにしたり。扇子でリズムをとる棋士もいますよね。自分に合うリセット方法を知っておくことが大事だと思います。

まとめ――紅茶を飲んで前向きに!

「集中力が切れた時に、再び集中できるような自分なりのリセット方法を持っておくことが大事」だと、山口女流二段は語ってくれました。将棋以外にも、普段の仕事や勉強などの集中力を必要とする場面で、集中力が切れてしまい、気持ちをリセットする必要が出てくると思います。そんなとき、山口女流二段のように紅茶を活用してみてはいかがでしょうか。紅茶を淹れる数分の時間で紅茶の香りを楽しみ、紅茶を飲んで一息つけば、自然と気持ちを入れ替えられます。

shuchi08.jpg

リプトンイエローラベルなら忙しい方でも1分で太陽の恵みをいっぱい受けたおいしい紅茶を淹れることができます。紅茶を淹れる間、茶葉がピラミッド®型ティーバックの中で上下にジャンピングしている様子を眺め、湯気から立ち込める豊かな紅茶の香りを楽しんでみてください。きっと、気持ちがリセットされると思います。紅茶を味わうときもお好みのフレーバーを探して飲んでみたり、ジャムやシロップで甘さを足したりするのも楽しく、いい気分転換に!お気に入りの紅茶を飲むことをルーティンにすれば、前向きに頑張るあなたの力になることでしょう!

取材協力山口恵梨子女流二段

1991年10月生まれ。鳥取県出身の女流棋士。2008年4月に女流2級。2016年5月に女流二段に昇段。2014年に白百合女子大学 国語国文学科卒業。攻める大和撫子の異名を持つ振り飛車党。

lipton.png

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています