将棋コラム

相崎修司

相崎修司

2000年から将棋専門誌・近代将棋の編集業務に従事、07年に独立しフリーライターとなる。2016年現在は竜王戦、王位戦・女流王位戦、叡王戦、女流名人戦で観戦記を執筆。将棋世界などにも寄稿。

羽生善治竜王への挑戦を決めるのはどちらか。第31期竜王戦挑戦者決定戦三番勝負・広瀬章人八段VS深浦康市九段戦の見どころは?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2018年08月14日

第31期竜王戦決勝トーナメントも大詰めを迎えた。挑戦者決定戦三番勝負に勝ち残ったのは1組優勝の広瀬章人八段と2組2位の深浦康市九段である。羽生善治竜王への...

>続きを読む

どちらが勝っても68年ぶりの偉業。金井恒太六段VS高見泰地六段、叡王戦七番勝負の展望は?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2018年04月13日

将棋界八つ目のタイトル戦「叡王戦」の七番勝負が間もなく始まろうとしている。第1期、第2期は一般棋戦だったが、今期の第3期からタイトル戦に昇格した。昇格後初...

>続きを読む

羽生竜王、通算獲得タイトル100期目なるか。羽生善治VS佐藤天彦、名人戦七番勝負の展望は?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2018年04月12日

将棋界における年度初めの風物詩ともいえる名人戦七番勝負は今期で第76期を迎えた。開幕の第1局は4月11日に東京都文京区のホテル椿山荘東京で行われる。 今期...

>続きを読む

藤井聡太六段が羽生善治竜王を破って史上最年少優勝。朝日杯準決勝・決勝での絶妙手とは?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2018年03月06日

2月17日、第11回朝日杯将棋オープン戦の準決勝と決勝が、千代田区の有楽町朝日ホールにて行われた。本棋戦の準決勝・決勝は例年、同所にて公開対局で行われてい...

>続きを読む

藤井聡太五段、史上最年少での棋戦優勝なるか? 棋戦優勝・タイトル獲得のこれまでの年少記録トップ10

Category:将棋雑学   writer:相崎修司   update:2018年02月17日

朝日杯将棋オープン戦における藤井聡太五段の活躍が注目を集めている。 2月17日に行われる準決勝で、公式戦初の対羽生善治竜王戦が実現したこともその一因だが、...

>続きを読む

豊島JT杯覇者VS山崎八段の対局も。8,000人以上が集まった大盛況の将棋日本シリーズ東京大会の様子をご紹介

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2017年12月12日

11月19日、JT将棋日本シリーズの東京大会が行われた。まずはテーブルマークこども大会が開始された。3,500名を超える参加者と、それを見守る同伴者の方を...

>続きを読む

羽生永世七冠の誕生なるか。羽生VS渡辺、竜王戦七番勝負の展望は?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2017年10月20日

将棋界の最高位を争う第30期竜王戦七番勝負が開幕を目前に迎えている。 今期は渡辺明竜王に羽生善治棋聖が挑戦するシリーズで、竜王戦七番勝負における両者の激突...

>続きを読む

優勝賞金4320万円、アマチュアでも参加できる「竜王戦」の仕組みとは?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2017年09月07日

藤井聡太四段の活躍と、それに伴う一連のフィーバーの原点はどこにあるのか。今回はデビュー戦の舞台となった「竜王戦」について紹介する。 読売新聞社が主催する竜...

>続きを読む

プロ棋士の段位はどうやってあがる?藤井聡太四段の昇段条件とは

Category:将棋雑学   writer:相崎修司   update:2017年08月24日

昨年10月のプロデビューから、いきなり29連勝と最多連勝記録を更新し、一躍時の人となった藤井聡太四段ですが、「こんなに勝っても四段から段位は上がらないの?...

>続きを読む

「タイトル戦初出場・菅井」VS「王位6連覇中・羽生」将棋界夏の風物詩、王位戦の展望は?

Category:棋士・棋戦   writer:相崎修司   update:2017年07月06日

将棋界夏の風物詩といえば王位戦七番勝負。今期(第58期)は羽生善治王位に、タイトル戦初出場の菅井竜也七段が挑戦する。 挑戦者の菅井七段は、現在第88期棋聖...

>続きを読む