将棋コラム

伊藤果八段のコラム一覧

伊藤果八段

伊藤果八段

1950年京都市に生まれ、1963年奨励会6級で入門。1972年に東京に移り、高柳敏夫名誉九段門下となる。1975年に四段。1981年の第12期新人王戦で準優勝。1982年の第31回NHK杯で準優勝。竜王戦は、第9、10期と1組に在籍。2011年に現役引退。現役時代から詰将棋創作で定評があり、塚田賞も2度受賞している。風車戦法と呼ばれる独特の将棋を指し、若い頃から身嗜みがダンディであることでも知られてもいた。

伊藤果八段の考える、詰将棋創作で大切な考え方とは?

Category:棋士・棋戦   writer:伊藤果八段   update:2017年11月18日

「詰将棋の魅力」第2回は、皆さんお待ちかねの、いや待っていなかった方にも詰将棋の創り方・逆算式をやさしく伝授いたします!詰将棋は誰でも作れるのか........

>続きを読む

伊藤果八段が語る、詰将棋の魅力。3日考えても解けなかった7手詰とは?

Category:棋士・棋戦   writer:伊藤果八段   update:2017年11月09日

今回から詰将棋の魅力について、何回かに分けてお話ししましょう、よろしくお付き合いください。と、その前に......。先日、杉本昌隆七段に、とある場所で会い...

>続きを読む