将棋コラム

人気のシリーズ

将棋コラム

相手との関係の中で決断するということ【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年10月06日

我慢したり相手にゆだねたり曖昧さを残す「間接的な手」。危ないようでも、攻めに出る「直接的な手」。この2つの指し方のうち、どちらか一方しか使わないとしたら、...

>続きを読む

雀刺しで矢倉囲いを攻略、桂馬を使って攻める方法を考えよう

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年10月05日

今回のコラムも、矢倉に対する雀刺しでの攻め方の続きです。それでは第1図です。 【第1図】 前々回のコラムでは、ここから▲1四歩と突いて攻めていき...

>続きを読む

第25期銀河戦、久保王将が初優勝!「直感と勢いを重視したのが良い結果につながった」

Category:棋士・棋戦   writer:渡部壮大   update:2017年10月04日

9月26日に放映された第25期銀河戦決勝の羽生善治三冠(当時)─久保利明王将戦。その収録は8月15日に東京・将棋会館の地下スタジオで行われた。 対局開始...

>続きを読む

「危なげな手」に挑戦する勇気を持つことが勝ちにつながる【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年10月03日

これまでのコラムでも様々な角度から、我慢することや相手にゆだねる姿勢の大切さをお伝えしてきましたが、「曖昧な手」だけでは勝つことはできません。ここぞという...

>続きを読む

雀刺しで矢倉囲いを攻略、▲1四歩以外の攻め方を考えよう

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年10月01日

今回のコラムも、矢倉に対する雀刺しでの攻め方を見ていきます。それでは第1図をご覧ください。 【第1図】 前々回のコラム、第4図と同じ局面です。前...

>続きを読む

目指せ藤井聡太四段!思考力を鍛える知育玩具の選び方とは?

Category:将棋雑学   writer:マツオカミキ   update:2017年09月29日

前人未到の29連勝という記録をつくった中学生のプロ棋士、藤井聡太四段。「あの並外れた思考力を育んだ」ということで、彼が3歳の頃に遊んでいた立体パズルのおも...

>続きを読む

損することを恐れず、広い視野を保つ大切さ【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年09月28日

将棋では、自分だけが得したり、自分だけ損したりすることはありません。欲深く「自分だけ得」をしようという態度では、相手に見透かされてしまいます。お互いに一手...

>続きを読む

雀刺しの攻め方を覚えよう。ポイントは「香は下段から打て」の格言

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年09月27日

前回のコラムでは、雀刺しの組み方をご紹介いたしました。今回からは、雀刺しでの攻め方を見ていきます。それでは、第1図をご覧ください。 【第1図は▲1四歩ま...

>続きを読む

「頭の中に隙間を作る」ことで新しい発想を生み出す【将棋と教育】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年09月26日

永世名人(十九世名人)、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世棋聖、永世王将と6つの永世称号を保持する羽生二冠。壁にぶつかることなどないのではと思ってしまう強...

>続きを読む

史上初の四冠制覇!第71回アマチュア名人戦全国大会、横山さんが優勝

Category:棋士・棋戦   writer:渡部壮大   update:2017年09月25日

第71回アマチュア名人戦の全国大会が9月2~4日に東京都港区「チサンホテル浜松町」で開催された。各都道府県の代表62人に、前アマ名人の天野啓吾さんと支部名...

>続きを読む