将棋コラム

人気のシリーズ

将棋コラム

名人戦の対局を見て、子供達が感じ取ったものとは?

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年08月23日

私が指導している将棋クラブの児童に名人戦の対局のビデオを見せたことがあります。将棋の対局ですから、目まぐるしく画面が切り替わることはありません。むしろ「静...

>続きを読む

急戦矢倉で攻める方法。▲5五歩から仕掛けていこう!

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年08月22日

前回のコラムまでは、第1図から、▲4五歩△同歩▲同桂と仕掛けていく順について解説いたしました。 【第1図】 △4四銀なら▲4六銀や▲2四歩として...

>続きを読む

「右手が勝手に動いた」王位戦七番勝負で見せた森九段の奇跡の絶妙手とは?

Category:棋士・棋戦   writer:玉響   update:2017年08月21日

第3回は、森けい二九段の将棋人生の中でもっとも印象に残る対局を挙げていただき、その対局についての思い出と簡単な解説もしていただきました。ぜひご覧ください。...

>続きを読む

攻め筋が多く、迫力満点の「向かい飛車」。急がずじっくり攻めるのがポイント

Category:定跡・戦法・手筋   writer:高野秀行六段   update:2017年08月20日

皆さん、こんにちは。高野秀行です。 前回から「向かい飛車」編となりました。まずは前回の第2図をご覧ください。ここで▲9七桂と跳ねて△7三桂▲7五歩△8四飛...

>続きを読む

パンチパーマから坊主に。森けい二九段が頭を丸めて中原誠名人に挑んだ、その真意とは?

Category:棋士・棋戦   writer:玉響   update:2017年08月18日

第2回は、森けい二九段が四段になってから名人戦に初挑戦した時までのことを振り返っていただきました。特に、第36期名人戦七番勝負で中原誠名人に挑んだ「剃髪の...

>続きを読む

終盤戦のきわどい局面、どういう一手を指すべきなのか【子供たちは将棋から何を学ぶのか】

Category:文化・教育   writer:安次嶺隆幸   update:2017年08月17日

詰むや詰まざるや、息もつかせぬ終盤戦の攻防で一気に詰ませるのもカッコいいですが、負けない手を選ぶというのも大切な考え方です。負けない、つまり「保険をかける...

>続きを読む

飲食メニューも緩手なし!会社帰りに楽しめる、囲碁将棋喫茶「樹林」をご紹介

Category:将棋雑学   writer:奥野大児   update:2017年08月16日

会社帰りにちょっと一局。新橋の囲碁将棋喫茶「樹林」は将棋メンバーを絶賛募集中! 「子どものころ将棋を指したことがあるけれど大人になってからは全然やらなく...

>続きを読む

羽生三冠とCA藤田社長対談、将棋の世界で若手が強いその理由とは?

Category:棋士・棋戦   writer:AbemaTV将棋チャンネル編集局   update:2017年08月15日

勝負強さの秘密は「経験値」の積み方にある 藤田:羽生さんはずっと王者として挑戦者を迎え撃つ立場なわけですが、それってすごく大変なことだと思います。勝って当...

>続きを読む

「絶対にプロになれないからやめろ」の一言からはじまった森けい二九段の将棋人生

Category:棋士・棋戦   writer:玉響   update:2017年08月14日

今年の5月に現役を引退された森けい二九段にインタビューをお願いしました。 まずは将棋との出合いから伺いました。 昭和54年頃の森九段。将棋年鑑用に撮影さ...

>続きを読む

急戦矢倉の攻め方を覚えよう!△2二銀にはどう対応するべき?【矢倉の崩し方 vol.19】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2017年08月13日

前回のコラムでは、第1図より、▲4五歩△同歩▲同桂△4四銀と進んだ場合をご紹介いたしました。 【第1図】 ですが、最後に書きましたように、そうは進みませ...

>続きを読む