将棋コラム

八代弥五段が歴代最年少で朝日杯将棋OP戦優勝。順位戦、昇級を決めたのは? 【2月6日~12日の中継結果まとめ】

八代弥五段が歴代最年少で朝日杯将棋OP戦優勝。順位戦、昇級を決めたのは? 【2月6日~12日の中継結果まとめ】

更新: 2017年02月13日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

日本将棋連盟モバイルにおける2月6日~12日の中継局の結果をまとめてお伝えします。朝日杯将棋オープン戦は八代五段が初優勝、六段に昇段しました。

トップニュース 

朝日杯将棋オープン戦、八代五段が初優勝、六段昇段

●広瀬章人八段-○八代弥五段
○村山慈明七段-●澤田真吾六段
●村山慈明七段-○八代弥五段

kekka170213_01.JPG

11日(土・祝)に東京都千代田区「有楽町朝日ホール」で準決勝2局、そして決勝戦がいずれも公開対局で行われた。持ち時間が各40分(チェスクロック使用)のスピーディーな棋戦だ。準決勝の▲広瀬章人八段-△八代弥五段戦は横歩取り。秒読みに入ってほどなく広瀬八段に緩手が出ると、八代五段が厳しく攻める展開に持ち込んで決勝進出を決めた。同時に行われたもう一方の準決勝、▲村山慈明七段-△澤田真吾六段戦は角換わりから澤田六段が棒銀に構える。村山七段は4七銀型から▲4五桂と積極的に攻勢を取り、駒損ながらも攻めをつなげて押し切った。決勝は▲村山七段-△八代五段戦となり、村山七段の誘導で角換わり相腰掛け銀に進む。八代五段は6筋の歩を伸ばして△6四角と据え、仕掛けてペースを握った。村山七段は粘り強く指しながら八代五段の玉に嫌みをつける。攻守が入れ替わる形勢不明の激戦の末、最後は八代五段が制勝。全棋士参加棋戦の優勝により、六段昇段を決めた。

竜王戦

1組

○久保利明九段-●山崎隆之八段
●阿久津主税八段-○屋敷伸之九段

ランキング戦が進行中。▲久保利明九段-△山崎隆之八段戦は久保九段の角道を止める三間飛車に対し、山崎八段は銀冠の囲いかけのような独特の駒組みを見せた。久保九段が角銀交換の駒損をして攻め込み、山崎八段は玉を三段目に上がるなど受けの技を繰り出す。久保九段は切れ模様の苦しい展開に陥ったが、山崎八段の時間切迫もあり、攻めをつなげて激戦を制した。▲阿久津主税八段-△屋敷伸之九段戦は、相掛かりの出だしから屋敷九段がひねり飛車を採用。阿久津八段が先攻して屋敷九段の玉形を乱す。屋敷九段は阿久津八段の攻めをしのぎ、厳しく反撃を繰り出して手勝ちを収めた。

2組

○稲葉陽八段-●森内俊之九段

ランキング戦が進行中。▲稲葉陽八段-△森内俊之九段戦は2回戦の初戦となり、角換わりの最新形に進む。森内九段は6二金・8一飛型から仕掛けたが、稲葉八段の好機の反撃が決まり、優位に立つと緩みなく押し切った。

6組

●浦野真彦八段-○藤井聡太四段

ランキング戦が進行中。▲浦野真彦八段-△藤井聡太四段戦は手損のない角換わりの力戦に進み、浦野八段が棒銀を繰り出すと、藤井聡四段は1手先に△6五桂から仕掛けて8筋を破る。藤井聡四段は戦いの中で自陣角の好手を放って優位を築き、手早く浦野八段を投了に追い込んだ。

順位戦(カッコ内はリーグ順位)

B級2組

●斎藤慎太郎六段-○鈴木大介八段
●菅井竜也七段-○澤田真吾六段

kekka170213_02.JPG
©名人戦棋譜速報

10回戦が行われた。全勝の斎藤慎太郎六段は、降級点の目が消えない鈴木大介八段と対戦。鈴木八段は後手番のうえに2手損して角を換える。先手陣に生じた不備を突いてポイントを挙げると、逆転を許さず逃げきった。3位の好順位で1敗の菅井竜也七段は、澤田真吾六段と対戦。先手位取り中飛車に構え、澤田六段は角道を開けずに急戦を仕掛ける。澤田六段がペースを握り、反撃を許さずに攻め勝った。上位の成績は以下のとおり。

【8勝1敗】斎藤六段(23)
【7勝2敗】菅井七段(3)、中田宏樹八段(19)

上位の2人は敗れたが、暫定順位を落とさず、昇級はこの3人に絞られている。

C級1組

○横山泰明六段-●宮本広志五段
●佐藤秀司七段-○大石直嗣六段
○青嶋未来五段-●高崎一生六段
●泉正樹八段-○永瀬拓矢六段

kekka170213_03.jpg
©名人戦棋譜速報

10回戦が行われた。全勝の横山泰明六段は宮本広志五段と対戦。宮本五段の先手中飛車に、歩損を重ねる苦しい展開を強いられる。必死の食いつきから攻めをつなぎ、逆転勝ちを収めて昇級を決めた。▲佐藤秀司七段-△大石直嗣六段戦は相掛かりから佐藤秀七段が銀冠に構える。大石六段は9筋から棒銀で攻めると、堅い玉形を頼りに攻め倒した。▲青嶋未来五段-△高崎一生六段戦は、高崎六段の角道を止める三間飛車に青嶋五段が居飛車穴熊で対抗。高崎六段は右桂を銀と換えて駒得を果たしたが、青嶋五段が穴熊らしく食いついて寄せきった。▲泉正樹八段-△永瀬拓矢六段戦は相居飛車で泉八段が5筋の歩を突くと、永瀬六段が後手で2手損して角を換える。泉八段が攻撃形を構築する間、永瀬六段は1手早く戦いに持ち込んで攻め勝った。上位の棋士は押しなべて星を伸ばし、上位の成績は以下のとおり。

【9勝0敗】横山六段(13)=昇級
【8勝1敗】大石六段(19)、青嶋五段(33)、永瀬六段(34)
【7勝2敗】千田翔太六段(14)、小林裕士七段(21)

残る昇級枠は1つ。最終11回戦の結果次第で千田六段までに昇級の可能性が残されている。

C級2組

●増田康宏四段-○近藤誠也四段
○三枚堂達也四段-●佐藤和俊六段

kekka170213_04.JPG
©名人戦棋譜速報

10回戦の後半戦が行われた。その大一番は7勝1敗の近藤誠也四段と6勝2敗の増田康宏四段の一戦。相掛かりから先手の近藤誠四段が9一に馬を作り、増田康四段はその馬を閉じ込める。互いに4時間30分あまりを消費した中盤、馬に触らないところで千日手が成立した。指し直し局の▲増田康四段-△近藤誠四段戦は角換わり相腰掛け銀に進んだ。戦いが始まり、近藤誠四段が4四に打った角を軸にペースを握ると、優位を広げて1敗を守った。▲三枚堂達也四段-△佐藤和俊六段戦はゴキゲン中飛車対超速▲3七銀戦法から、三枚堂四段は銀冠穴熊に組み、佐藤和六段は銀冠で対抗する。中盤の攻め合いから穴熊の堅さが生きる展開となり、三枚堂四段が手勝ちを収めた。上位の成績は以下のとおり。

【8勝1敗】西尾明六段(16)、門倉啓太五段(37)、近藤誠四段(49)
【7勝2敗】三枚堂四段(7)、梶浦宏孝四段(12)、佐藤紳哉七段(14)、都成竜馬四段(50)

昇級の可能性を残しているのは佐藤紳七段までの上位6人。うち自力昇級の目があるのは8勝1敗の3人となった。

王位戦

挑戦者決定リーグ

○渡辺明竜王-●丸山忠久九段

紅組に先立って白組が開幕。開幕戦の▲丸山忠久九段-△渡辺明竜王戦は横歩取りから、丸山九段が後手陣に飛車を打ち込むも、渡辺明竜王の放った自陣飛車との追いかけっことなって千日手に。指し直し局、▲渡辺明竜王-△丸山九段戦は丸山九段の一手損角換わりから相早繰り銀に進んだ。中盤は丸山九段が細かくポイントを挙げたが、渡辺明竜王は機を見て厳しく反撃し、最後は寄せ合いを制している。

王位戦挑戦者決定リーグ

王座戦

二次予選

●木村一基八段-○深浦康市九段

▲木村一基八段-△深浦康市九段戦の1局が消化された。相矢倉模様から木村八段が藤井矢倉を採用。盤面全体を使った戦いが展開され、寄せられにくい形を作った深浦九段が、木村八段の頑強な受けを突き崩して寄せきっている。

王座戦二次予選

棋聖戦

二次予選

○佐藤天彦名人-●加藤一二三九段

▲佐藤天彦名人-△加藤一二三九段戦の1局が消化された。横歩取りから佐藤天名人が中住まい、加藤九段が△5四飛と転回して中原囲いに組む。攻め合いの展開で難しいところがあったものの、2筋に竜を作った佐藤天名人が厳しく攻めて勝っている。

棋聖戦二次予選

マイナビ女子オープン

本戦

○上田初美女流三段-●西山朋佳奨励会三段

準決勝の1局目、▲上田初美女流三段-△西山朋佳奨励会三段戦が行われた。上田女流三段が早々に居飛車の意向を示し、西山三段は角交換してダイレクト向かい飛車に構える。上田女流三段は中盤に飛車を捕獲して優位に立つと、粘りながら嫌みをつける西山三段の指し手に対し、丁寧に応じて振り切った。

マイナビ女子オープン本戦

トピック

棋士の席次は基本的には段位と棋士番号によって決まります。段位が高い棋士が上位、同段位では四段昇段の早い順(同時昇段は成績上位の順)に与えられる棋士番号が小さいほど上位という具合です。最高段位は九段ですが、タイトルを持てば段位を越えて上位になり、タイトルごとに順位が決まっています。ほかに永世タイトル資格者もタイトルホルダーに次ぐことがあります。さて、今週行われた棋聖戦二次予選の▲佐藤天彦名人-△加藤一二三九段戦では、現役棋士で棋士番号が最も小さい64の加藤九段が下座に就きました。タイトルホルダーとの対戦なので席次どおりですが、公式戦で加藤九段が自身より席次上位の棋士と対戦したのは7年ぶり。2010年2月の第81期棋聖戦決勝トーナメントで当時の深浦康市王位との一戦以来でした。(飛龍記者)

*写真は名人戦棋譜速報より引用。

日本将棋連盟モバイル編集局

ライター日本将棋連盟モバイル編集局

将棋ファンのためのモバイルサービス「日本将棋連盟モバイル」を運営しています。棋譜観戦アプリ「将棋連盟ライブ中継」をダウンロードすると、プロの公式対局をリアルタイムで観戦したり、臨場感あふれる対局写真を楽しんだりすることができます。

このライターの記事一覧

将棋連盟ライブ中継

将棋連盟ライブ中継【日本将棋連盟公式】

日本将棋連盟公式ならではの充実コンテンツ盛りだくさん!
ほぼ毎日プロの将棋対局をリアルタイムにお届けします!!

ダウンロードはこちらから

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています