将棋の基礎知識

将棋界について

女流プロ

女流棋士は、現役・引退をあわせて約60名の女流棋士がおります。
女流棋士になるには、研修会に入ります。
研修会には30歳未満の女性が入会できます。そこで規定の成績を挙げることにより女流棋士3級となります。女流3級は2年以内に規定の成績を収めると女流2級になります。女流2級までが正式な女流プロ棋士です。

なお、女流棋士・研修会員でも奨励会に入ってプロ棋士を目指す事は可能です。しかしながら、その際は女流棋士・研修会は休会となります。

女流棋士になりますと、女流プロ棋戦に出ることができます。女流プロ棋戦は6つのタイトル戦と1つの公式棋戦があります。

タイトル戦

棋戦名 主催社 備考
マイナビ女子オープン マイナビ
リコー杯女流王座戦 リコー
岡田美術館杯女流名人戦 スポーツ報知
女流王位戦 新聞三社連合 北海道新聞中日新聞西日本新聞神戸新聞東京新聞徳島新聞
霧島酒造杯女流王将戦 日刊スポーツ(第30期まで)
囲碁将棋チャンネル(第31期より)
大山名人杯倉敷藤花戦 倉敷市・倉敷市文化振興財団・山陽新聞

公式戦

棋戦名 主催社 備考
女子将棋YAMADAチャレンジ杯 協賛:上毛新聞社群馬テレビ
特別協賛:ヤマダ電機

タイトル戦の仕組みなどは前頁で紹介した公式戦と同じです。
他に、非公式戦として白瀧あゆみ杯争奪 新人登竜門戦世田谷花みず木女流オープン戦がございます。

あなたにオススメの記事