将棋の基礎知識

将棋界について

プロ棋界

ここからは、将棋界についてご案内いたします。
プロの世界には、現役・引退あわせて約200名の棋士がおります。
現在は男性しかおりませんが、女性でも棋士になることは可能です。
また、それと別に、女性のみで構成された女流棋士という制度もございます。これについては次頁で説明いたします。

棋士になるには、奨励会という棋士養成機関に入ります。
奨励会には一定以下の年齢で、プロ棋士の推薦を受けた人のみが受験できます。

奨励会は6級から三段まであり、成績によって、6級→5級・・・1級→初段→二段→三段と上っていきます。
三段になると、年に2回の三段リーグを行い、原則としてそこでの上位2名が四段となります。
四段から正式なプロ棋士となります。

プロ棋士になりますと、各プロ棋戦に出ることができます。
プロ棋戦は8つのタイトル戦と7つの公式棋戦があります。

八大タイトル戦

棋戦名 主催社 備考
竜王戦 読売新聞
名人戦 朝日新聞毎日新聞
叡王戦 株式会社ドワンゴ  
王位戦 新聞三社連合 北海道新聞中日新聞西日本新聞神戸新聞東京新聞徳島新聞
王座戦 日本経済新聞
棋王戦 共同通信 掲載紙一覧
王将戦 スポーツニッポン毎日新聞
棋聖戦 産経新聞

タイトル戦にはタイトル保持者がおります。約1年のトーナメント戦もしくはリーグ戦でタイトル挑戦者を決めます。タイトル保持者と挑戦者の間で七番勝負もしくは五番勝負を行い、勝ち越したほうがタイトル保持者となります。
棋士の肩書きは通常は段位となりますが、タイトル保持者の場合は、「○○竜王」というようにタイトル名が肩書きとなります。
また、竜王戦と順位戦(名人戦の予選)は、それぞれランキングがあり、成績によって年に1回、成績上位者は昇級、成績下位者は降級するなど、挑戦権争い以外にも厳しい戦いがあります。

一般公式戦

棋戦名 主催社
朝日杯将棋オープン戦 朝日新聞
銀河戦 囲碁・将棋チャンネル
NHK杯将棋トーナメント 日本放送協会
JT将棋日本シリーズ JT
新人王戦 しんぶん赤旗
上州YAMADAチャレンジ杯 ヤマダ電機
加古川青流戦 財団法人加古川市ウェルネス協会

上記の優勝棋戦は、トーナメントを行い、決勝戦で勝った棋士が優勝となります。
他に、非公式戦として電王戦(主催・dwango)がございます。

あなたにオススメの記事