将棋コラム

居飛車穴熊を組むときに注意すべき「藤井システム」とは?

居飛車穴熊を組むときに注意すべき「藤井システム」とは?

ライター: 一瀬浩司  更新: 2018年02月11日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

玉の囲い方

前回のコラムでは、「居飛車穴熊」の組み方についてご紹介いたしました。今回は、居飛車穴熊に組む際の注意点と発展形を見ていきましょう。それでは、居飛車穴熊に組むまでの手順の復習です。

初手より、▲7六歩、▲2六歩、▲4八銀、▲5六歩、▲6八玉、▲7八玉、▲5八金右、▲5七銀、▲7七角、▲8八玉、▲9八香、▲9九玉、▲8八銀、▲7九金、▲6八金寄、▲7八金寄(第1図)。

【第1図は▲7八金寄まで】

それでは、後手の駒を配置して、居飛車穴熊へ組む際の注意点を解説していきます。

組む際の注意点

振り飛車穴熊と違い、▲7六歩、▲7七角と、玉の斜めのラインを開けて囲うことになりますので、後手の角のラインを生かした急戦に気をつけなければなりません。代表的なものとしては、居飛車穴熊に対して猛威を振るった「藤井システム」です。これは藤井猛九段が考案された、対居飛車穴熊用の急戦策で、美濃囲いの形は作りますが、玉は囲わずになんと5一の居玉のままで戦いを仕掛けてきます。第2図が一例です。

【第2図は△6五歩まで】

例えば、ここから▲6五同歩△7七角成▲同桂△9六歩▲同歩△7五歩▲同歩△9六香! ▲同香△7六歩と仕掛けられると、先手陣はバラバラで後手に気持ちよく攻められてしまいます。こう進むと後手の玉の位置は8二よりも5一のほうがはるかに安全ですね。

また、6二~7一~8二と玉を移動する三手を省略しているぶん、先手の囲いの手が進んでおらず、仕掛けが成立することが多いです。もし振り飛車側が先手でしたら、もう一手仕掛けが早くなってきます。

このように、振り飛車側が藤井システムを目指して玉を5一のまま駒組みをしてきた場合は、居飛車穴熊をあきらめて左美濃に囲ったり、逆に後手の居玉を狙って急戦を狙うような指し方になってきます。高度な指し方としては、▲3六歩と突いて急戦を見せ、△6二玉と上がらせてから▲7七角と上がって居飛車穴熊に組むという指し方もあります。

この話をしていくと、あと何回もコラムが必要になってきますので、囲う際の注意点の話は、角筋を生かした急戦に注意するということでまとめ、囲いの発展形の話に移らせていただきます。

囲いの発展形

前回のコラムでは、第1図のような形に組むことは少ないという話をいたしました。では、代わりの形は? ということで、第3図のように、6七へ金を上がって上部を厚くする形が、対四間飛車ではとくに一般的な形となります。

【第3図】

左金も7九ではなく、7八に配置していることも多いです。第3図からは、▲2五歩~▲3六歩~▲6八角~▲3七桂と5七の銀を攻めに使うことを含みに右桂を活用したり、▲2五歩~▲3六歩~▲5九角として、角を3七や2六へ配置したりする指し方もあり、さまざまな指し方があります。

また、第3図から囲いを発展させていく場合もあり、▲6八銀、▲7八金、▲7九銀右(第4図)とすれば、右銀を守りに引きつけることができます。

【第4図は▲7九銀右まで】

この指し方の場合ですと、左金は最初から7八に配置しておくほうが、スムーズに右銀を引きつけることができますよね。また、第1図からの発展形も見ていきましょう。第1図より、▲6六銀、▲6八角、▲7七銀引(第5図)とすれば、金銀四枚の非常に堅固な穴熊になります。

【第5図は▲7七銀引まで】

ここからさらに、▲9六歩、▲8六歩、▲8七銀、▲8八金上とすれば、弱点の端もカバーされます。▲8八金上まで発展させた形は「ビッグフォー」と呼ばれ、最強の囲いとも言われています。

以上、居飛車穴熊へ組む際の注意点と、発展形のご紹介でした。

玉の囲い方

一瀬浩司

ライター一瀬浩司

元奨励会三段の将棋ライター。ライター業のほか、毎月1回の加瀬教室や個人指導など、指導将棋も行なっている。主なアマチュア戦の棋歴としては、第34期朝日アマチュア将棋名人戦全国大会優勝、第63回都名人戦優勝などがある。

このライターの記事一覧

杉本和陽

監修杉本和陽四段

棋士・四段
1991年生まれ、東京都大田区出身。2017年4月に四段。師匠は(故)米長邦雄永世棋聖。バスケットボールを趣味とする。ゴキゲン中飛車を得意戦法とする振り飛車党。

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています