将棋コラム

一瀬浩司

一瀬浩司

元奨励会三段の将棋ライター。ライター業のほか、毎月1回の加瀬教室や個人指導など、指導将棋も行なっている。主なアマチュア戦の棋歴としては、第34期朝日アマチュア将棋名人戦全国大会優勝、第63回都名人戦優勝などがある。

第71期A級順位戦、佐藤VS高橋戦でも使われたカニ囲い右四間飛車の組み方【玉の囲い方 第87回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年08月14日

三回前までのコラムでは、対矢倉における「左美濃急戦」、そして前回のコラムまでは「左美濃」つながりで、「左美濃右四間飛車」をご紹介しました。今回は「右四間飛...

>続きを読む

8筋を受けずにガンガン攻めよう。相居飛車左美濃右四間飛車の組み方【玉の囲い方 第86回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年08月02日

前回のコラムでは、相居飛車における「左美濃右四間飛車」に組む手順を見ていきました。今回は左美濃右四間飛車に組む際の注意点を見ていきましょう。それでは、左美...

>続きを読む

第65期棋聖戦第2局、島VS羽生戦でも見られた相居飛車左美濃右四間飛車の組み方【玉の囲い方 第85回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年08月01日

前回までのコラムでは、対矢倉における「左美濃急戦」をご紹介しました。今回も対矢倉における左美濃つながりでもうひとつ、「左美濃右四間飛車」を見ていきます。そ...

>続きを読む

第46期新人王戦、斎藤VS千田に見る左美濃急戦に組む際の注意点【玉の囲い方 第84回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月31日

前回のコラムでは、相居飛車における「左美濃」に組む手順を見ていきました。今回は左美濃急戦に組む際の注意点を見ていきましょう。それでは、左美濃急戦に組むまで...

>続きを読む

端歩の関係の違いが非常に大きく攻めに表れる。矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは【第102回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月29日

今回のコラムも、矢倉で1筋の端歩を突き合っている形で4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 ▲3三歩と打ち込む別の...

>続きを読む

近年優秀な矢倉対策として認められた、相居飛車左美濃急戦の組み方(1)【玉の囲い方 第83回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月26日

今回のコラムでは、「左美濃」をご紹介します。ミレニアム同様、あれ? 左美濃も前やったじゃないの。と、思われるでしょうが、以前は対振り飛車に対しての囲いでし...

>続きを読む

突き捨てが生きても攻めが難しい。矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは【第101回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月25日

今回のコラムも、矢倉で1筋の端歩を突き合っている形で4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲6八角まで...

>続きを読む

いろんな形に発展させられる!対振り飛車金美濃の組み方(2)【玉の囲い方 第82回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月24日

前回のコラムでは、対振り飛車における「金美濃」(仮称)に組む手順を見ていきました。今回は金美濃に組む際の注意点を見ていきましょう。それでは、金美濃に組むま...

>続きを読む

2四歩と突かれても▲3三歩が有効。矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは【第100回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月23日

今回のコラムも、矢倉で1筋の端歩を突き合っている形で4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲6八角まで...

>続きを読む

藤井システムの登場で急増した、対振り飛車金美濃の組み方(1)【玉の囲い方 第81回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2019年07月19日

今回のコラムでは、対振り飛車における「金美濃」をご紹介します。なお、こちらの囲いには正式な名称はつけられていないようです。何人かの棋士に聞いてはみましたが...

>続きを読む