将棋コラム

一瀬浩司

一瀬浩司

元奨励会三段の将棋ライター。ライター業のほか、毎月1回の加瀬教室や個人指導など、指導将棋も行なっている。主なアマチュア戦の棋歴としては、第34期朝日アマチュア将棋名人戦全国大会優勝、第63回都名人戦優勝などがある。

金の上がり方が相居飛車の場合と微妙に違う?対振り飛車右玉の特徴と組み方とは【玉の囲い方 第55回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月15日

今回のコラムでも、振り飛車に対する囲いをご紹介します。見ていくのは、「右玉」です。あれ? 右玉って以前やったような......。と、思われるかもしれません...

>続きを読む

中原誠十六世名人などプロの実戦から学ぶ矢倉の崩し方【第66回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月12日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲3三歩まで】 前回のコラムでは、...

>続きを読む

桂馬を歩で攻められたときの対処法を学ぼう!矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは?【第65回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月10日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲6八角まで】 いま先手が銀交換を...

>続きを読む

穴熊退治には地下鉄飛車?地下鉄飛車の組む際の注意点と発展形とは【玉の囲い方 第54回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月09日

前回のコラムでは、「地下鉄飛車」をご紹介しました。今回は、組む際の注意点と発展形を見ていきましょう。それでは、地下鉄飛車に組むまでの手順の復習です。初手か...

>続きを読む

3三歩と攻めた後は端攻めで後手陣を崩壊させよう!矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは?【第64回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月07日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲3三歩まで】 いま、先手が▲3三...

>続きを読む

地下鉄のように飛車が移動する?対振り飛車の囲い「地下鉄飛車」の特徴と組み方とは【玉の囲い方 第53回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月05日

今回のコラムでも、振り飛車に対する囲いをご紹介します。見ていくのは、「地下鉄飛車」です。地下鉄の飛車? まったく想像がつかない方もいらっしゃるでしょうが、...

>続きを読む

角の引き場所に悩んだことはありませんか?今回は攻めを防がれた場合の応手を学びましょう!【第63回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年11月03日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲3五同角まで】 いま、先手が▲3...

>続きを読む

3三歩か1三桂成を覚えておけば大丈夫。矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは?【第63回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年10月27日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図】 前々回と前回のコラムでは、この局...

>続きを読む

端からの攻めで囲いを崩そう!矢倉における4六銀、3七桂型の攻め方とは?【第62回 矢倉の崩し方】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年10月26日

今回のコラムも、矢倉における4六銀、3七桂型から攻めていく指し方を解説していきます。それでは第1図です。 【第1図は▲3三歩まで】 いま先手が▲3三歩...

>続きを読む

タイトル戦でも採用された「串カツ囲い」の注意点と発展形とは【玉の囲い方 第52回】

Category:定跡・戦法・手筋   writer:一瀬浩司   update:2018年10月25日

前回のコラムでは、「串カツ囲い」をご紹介しました。今回は、組む際の注意点と発展形を見ていきましょう。それでは、串カツ囲いに組むまでの手順の復習です。初手か...

>続きを読む