ヒューリック杯棋聖戦五番勝負は渡辺二冠が2勝目。A級順位戦羽生善治九段VS佐藤天彦九段戦など、6月下旬の注目対局を振り返る

ヒューリック杯棋聖戦五番勝負は渡辺二冠が2勝目。A級順位戦羽生善治九段VS佐藤天彦九段戦など、6月下旬の注目対局を振り返る

ライター: 渡部壮大  更新: 2019年07月04日

頂上決戦となったヒューリック杯棋聖戦五番勝負は一進一退の攻防になっています。また、竜王戦の決勝トーナメントA級順位戦が始まっています。

第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局

【第1図は▲5五角まで】

第1図は第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局(▲豊島将之棋聖△渡辺明二冠)。角換わり腰掛け銀から後手ペースで進んだ終盤戦。図の▲5五角は攻防手ですが、ここで△6七歩成が軽手。▲6七同玉は△3九銀から攻められた時に当たりが強いので▲同金としましたが、「金は斜めに誘え」を実現することができました。以下△6六歩▲同角△6五銀と、手厚く押しつぶしにいって後手が押し切りました。

playback201906-2_01.jpg
五番勝負第2局 ヒューリック杯棋聖戦中継ブログより

playback201906-2_02.jpg
勝った渡辺二冠 ヒューリック杯棋聖戦中継ブログより

【第2図は△5六歩まで】

第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第3局

続いて第2図はヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局(▲渡辺明二冠△豊島将之棋聖)。渡辺二冠がうまく立ち回って優位に立っています。ここで▲2二歩が覚えておきたい手筋。△2二同金で守備を弱体化させることができました。以下は▲5四桂△同銀に▲6三銀と平凡に攻めて、先手十分です。渡辺二冠が快勝で、棋聖奪取まであと1勝としました。

playback201906-2_03.jpg
五番勝負第3局 ヒューリック杯棋聖戦中継ブログより

playback201906-2_04.jpg
2敗となった豊島棋聖 ヒューリック杯棋聖戦中継ブログより

第1期ヒューリック杯清麗戦本戦

【第3図は▲5六銀まで】

第3図は第1期ヒューリック杯清麗戦本戦(▲頼本奈菜女流初段△里見香奈女流五冠)。振り飛車党の里見女流五冠ですが、本局は居飛車で振り飛車を迎え撃つ立場になりました。6~9筋を制圧して形勢は後手優勢です。ここから△7三桂▲7七桂△6四銀が「位を取ったら位の確保」の手堅い指し手で、先手は指す手がありません。以下は暴れましたが的確に対応して後手完勝。里見女流五冠は自身初の六冠を目指して、甲斐智美女流五段との五番勝負に臨みます。

playback201906-2_05.jpg
ヒューリック杯清麗戦中継ブログより

第78期A級順位戦1回戦

【第4図は△2二玉まで】

第4図は第78期A級順位戦1回戦(▲羽生善治九段△佐藤天彦九段)。昨年に名人戦七番勝負を戦った両者の対戦です。▲7三飛成と金を取る手も自然ですが、竜の働きが悪くなるのが気になります。ここで▲3六桂が「終盤は駒の損得よりも速度」、「桂は控えて打て」の好手。2四、4四の両方に跳ねることができるので、この桂で3二の金を狙うことができます。以下も難しい戦いが続きましたが、後手の追撃をかわしきった羽生九段が制勝しています。

playback201906-2_06.jpg
名人戦棋譜速報より

第67期王座戦本戦

【第5図は▲3四歩まで】

棋聖戦を戦っている両者は、王座戦でも激突しました。第5図は第67期王座戦本戦(▲渡辺明二冠△豊島将之名人)。ここで△4八金が「玉は包むように寄せよ」の寄せ。飛車取りにもなっており、こうしたことがあるため「玉飛接近すべからず」の格言もあるのです。飛車を逃げれば△8六飛~△7七銀で寄せきれるので▲2三歩から攻め合いましたが、最後に△3九金と取った手が詰めろ逃れの詰めろになって後手制勝。豊島名人は準決勝で羽生九段と対戦します。

注目対局プレイバック

渡部壮大

ライター渡部壮大

高校生でネット将棋にハマって以来、趣味も仕事も将棋な人。
将棋の月刊誌、週刊紙、書籍などの編集部に在籍経験あり。
アマチュア大会の最高成績は全国ベスト16だが、もう少し上に行けないかと日々努力中。

このライターの記事一覧

高崎一生

監修高崎一生六段

棋士・六段
1987年生まれ、宮崎県日南市出身。2005年10月に四段。(故)米長邦雄永世棋聖門下。 攻める棋風を持ち味としている振り飛車党。
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています