将棋コラム

山口絵美菜女流1級が考える、大盤解説の聞き手に大切なこととは。女流棋士の仕事、知っていますか?

山口絵美菜女流1級が考える、大盤解説の聞き手に大切なこととは。女流棋士の仕事、知っていますか?

ライター: 山口絵美菜女流1級  更新: 2016年12月27日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

女流棋士番号55番、新米女流棋士の山口絵美菜です。この度、当コラムを書かせていただくことになりました。お付き合いのほどよろしくお願い致します!2014年10月に女流3級でデビュー。今年4月に正式な女流棋士である女流2級に昇級し、ようやくあまり緊張せずにお仕事ができるようになってきました。

女流棋士のお仕事って何でしょう??

それはもちろん、対局です。公式戦は全部で6棋戦。非公式戦を合わせると年間で数局~多い人で数十局というところ。
そしてもう一つの大事なお仕事。それは「普及」です。イベント、指導対局、講座、講演などなど・・・中でも大盤解説の「聞き手」はテレビやネットでも楽しめるおなじみのお仕事ですね。

「聞き手」いったいどんなお仕事なのでしょうか??

jyoryu_01.jpg

実は「こうするべき」といったマニュアルは存在していません。解説者との掛け合いに質問やエピソードを交えつつ、一局を通して解説を行うのですが、慣れるまでは先輩方にコツを教えていただいたり、解説者と聞き手の一人二役を演じながら棋譜並べを行う「一人大盤解説会」に毎日いそしんだものでした。先輩方のやり方を「見て学ぶ」ことも多いですね。

私の聞き手デビューは第40期棋王戦五番勝負第3局、関西将棋会館での大盤解説でした。解説の先生は関西が誇る「妖刀流」福崎文吾九段。ご飯がのどを通らないほどに緊張して迎えた本番でしたが、福崎先生の軽快なリードのもと、「二歩は反則だが三歩はセーフ」「香車はこう(相手の香車を寝返らせてさらに飛車をとる)」といった笑いの手裏剣が四方八方から飛んでくる・・・まさに「関西流」の大盤解説を体感できたのはいい思い出です。

どんな準備が必要なんでしょうか??

大盤解説本番はとても緊張するもの。しっかりと準備をして臨みます。

  • 対局の進行(棋譜・消費時間・封じ手のタイミング)
  • 勝敗の流れ(タイトル保持者先行・挑戦者先行・タイ・フルセットなど)
  • 戦型(例えば解説するのが第6局ならば、第1~5局の戦型)+自分なりの戦型予想
  • 開催地
  • 対局者の棋風や勝率
  • 食事、おやつ&現地でのエピソード(中継ブログより)

といった情報は要チェック。現地大盤解説ではさらに

  • 両対局者のご様子(前夜祭や当日・服装やしぐさなど)
  • 開催地の名産やご当地エピソード

などが加わります。

もちろんこれらを全部丸暗記してお話しする・・・なんてことはなく、実際に使っている情報は半分にも満たない程度。事前準備は大舞台で行われる一局に最後までお供させていただくからには、という自分なりの心掛けであり、勉強でもあります。

女流棋士によって十人十色な「聞き手」。私は「聞く」と「話す」のバランスの中で先生と生徒の中間のような、橋渡し的存在になれたらいいなと思っています。

手に汗握る勝負の行方を、一緒に味わいませんか?ぜひ大盤解説にお越しください!お待ちしています。

山口絵美菜女流1級

ライター山口絵美菜女流1級

1994年5月生まれ、宮崎県出身の女流棋士。2017年に京都大学文学部を卒業し、在学中に研究した『将棋の「読み」と熟達度』を足掛かりに、将棋の上達法を模索している。
将棋を覚えるのが遅かったため「体で覚えた将棋」ではなく「頭で覚えた将棋」が強くなるには?が永遠のテーマ。好きな勉強法は棋譜並べ。

このライターの記事一覧

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています