大阪王将杯王将戦は3勝3敗のフルセットに、加藤女流三段がマイナビ女子・女流王位戦の挑戦権獲得 3月上旬の注目対局を格言で振り返る

大阪王将杯王将戦は3勝3敗のフルセットに、加藤女流三段がマイナビ女子・女流王位戦の挑戦権獲得 3月上旬の注目対局を格言で振り返る

ライター: 渡部壮大  更新: 2020年03月21日

大阪王将杯王将戦は互いに譲らず3勝3敗のフルセットに。春に開幕するマイナビ女子オープン、女流王位戦はどちらも加藤桃子女流三段が挑戦権を獲得しました。

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第5局

【第1図は▲2四歩まで】

第1図は第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第5局(▲渡辺明王将△広瀬章人八段)。相矢倉の脇システムから先手が新機軸の攻めを見せました。細いながらも先手の攻めが成功し、ペースを握っています。図の▲2四歩に△同歩は▲3一銀、△同金は▲2七香で攻めが厚くなります。図から△6三歩▲2三歩成△同玉が「中段玉寄せにくし」の粘りです。形勢としては依然先手良しでしたが、中段玉で寄せを見えにくくした後手が、一瞬のチャンスをとらえて逆転勝ちを収めています。

playback_202003-2_01.jpg
王将戦中継ブログより

第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第6局

【第2図は▲3二銀成まで】

第2図は第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第6局(▲広瀬章人八段△渡辺明王将)。先手が1筋の位を取り、後手が右玉で対抗しました。先手良しの形勢でしたが、ここは後手がチャンスを迎えています。と言って△3二同飛と取ってしまうと▲2三飛成が厳しく勝ち目はありません。△5六角▲2三飛成△3三金が「終盤は駒の損得より速度」です。先手玉は飛車を渡すと詰めろになってしまうため、これで手段に困っています。以下▲3三同成銀△同桂▲2二竜に△8七桂から寄せきって後手が逆転勝ちを収め、決着は最終局へ持ち越されました

playback_202003-2_02.jpg
王将戦中継ブログより

第45期棋王戦五番勝負第3局

【第3図は△5一玉まで】

第3図は第45期棋王戦五番勝負第3局(▲渡辺明棋王△本田奎五段)。先手は「玉の守りは金銀3枚」「攻めは飛角銀桂」の理想的な形です。ここから▲4五銀△3三銀▲3五歩△同歩▲2五桂と総攻撃を仕掛けました。以下は先手が一方的に攻め続けて圧勝しています。

playback_202003-2_03.jpg
棋王戦中継ブログより

第13期マイナビ女子オープン挑戦者決定戦

【第4図は▲6五桂まで】

第4図は第13期マイナビ女子オープン挑戦者決定戦(▲清水市代女流六段△加藤桃子女流三段)。相掛かりから後手が駒組みでリードしました。桂頭を責められて▲6五桂と跳ね出しましたが「桂の高跳び歩の餌食」です。図から△3六歩▲同銀で飛車の横利きを消してから△6四歩と取りに行って後手優勢です。桂損でも何か代償があれば先手も勝負できるのですが、手段がありません。以下はリードを拡大し後手の快勝に終わっています。加藤女流三段は2期前に奪取された西山朋佳女王に挑みます

playback_202003-2_04.jpg
マイナビ女子オープン中継ブログより

第31期女流王位戦挑戦者決定戦

【第5図は△3六角まで】

第5図は第31期女流王位戦挑戦者決定戦(▲加藤桃子女流三段△伊藤沙恵女流三段)。先手の強襲がうまくいって優勢を築きました。図は勝勢で、あとはどう決めるか。▲2五桂が平凡ながら「要の金を狙え」の寄せで後手は粘りが利きません。以下△1四歩に▲3三桂成△同銀▲3七歩から、角を奪って後手玉を寄せました。加藤女流三段は初参加で女流王位の挑戦権を手にしました

playback_202003-2_05.jpg
女流王位戦中継ブログより

注目対局プレイバック

渡部壮大

ライター渡部壮大

高校生でネット将棋にハマって以来、趣味も仕事も将棋な人。
将棋の月刊誌、週刊紙、書籍などの編集部に在籍経験あり。
アマチュア大会の最高成績は全国ベスト16だが、もう少し上に行けないかと日々努力中。

このライターの記事一覧

高崎一生

監修高崎一生六段

棋士・六段
1987年生まれ、宮崎県日南市出身。2005年10月に四段。(故)米長邦雄永世棋聖門下。 攻める棋風を持ち味としている振り飛車党。
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています