「つい最近まで反抗期だったんです」将棋一家の塚田恵梨花女流1級に聞く、両親への想い

「つい最近まで反抗期だったんです」将棋一家の塚田恵梨花女流1級に聞く、両親への想い

ライター: マツオカミキ  更新: 2018年12月12日

女流棋士とデザート

sponsored by ローソン

ローソンのデザートを食べながら、和やかな雰囲気で女流棋士にお話を聞くこのシリーズ。今回は塚田恵梨花女流1級のインタビューをお送りします。父である塚田泰明九段の対局を初めて観た時の想いや、挫折した時に母・高群佐知子女流四段からかけられた言葉などについて、お話しいただきました!

lawson12_1.jpg

子どもの頃から負けず嫌い「将棋も陸上も、負けたくなかった」

――今回のデザートは、10月にリニューアルした「プレミアムロールケーキ」です。

うわぁ、おいしそう。ローソンのUchi Café、すごく好きなので嬉しいなぁ。いただきます!

lawson12_01.jpg

――今回のリニューアルでは、クリームのミルク感が増したんですよ。

本当ですね! 一口食べただけで、濃厚さがわかります。ミルク感たっぷりだけど、ペロっと食べられちゃうんですよね。

――塚田女流1級はケーキをよく食べている印象がありますが、甘いものお好きですか?

ケーキ、好きです。特にタルトケーキが好きでよく食べるんですが、あんまり食べ過ぎるとカロリーが‥‥。と言いつつも、食べている時はそんなこと忘れてますけどね(笑)。

――(笑)。でもその分、運動も結構されていると聞きました。

はい、今年からボクシングを習い始めて、週1~2回ほど通っています。以前はフィットネスジムに通っていたんですけど、一人で筋トレするのに飽きてしまって。

――将棋連盟のフットサルにも参加しているんですよね。中学の頃も、陸上部に入っていたとか。勝手なイメージで恐縮ですが、あまりスポーツのイメージがなかったので、少し意外でした。

よく言われます。「吹奏楽部のイメージだった」とか(笑)。今はそうでもないですが、当時は肌も真っ黒だったんですよ。都大会に出させてもらったり、とても楽しかったです。ただ、陸上部に所属していたのは中学1年生の時だけでした。その後、研修会に入ったので両立が難しくなってしまって‥‥。

lawson12_02.JPG

陸上も、将棋も、やるからには負けたくないんです。子どもの頃から負けず嫌いで、鬼ごっこやドッジボールなどの遊びでも「絶対に負けたくない」と思うタイプでした。だから、将棋でも負けたくない。両立しながら上を目指せるほど器用ではないので、将棋に集中しようと決めました。

盤に向かう父の姿は、今でも鮮明に覚えている

――小学1年生で将棋を始めた後、本気でハマるようになったのも、対局で負けた時の悔しさがきっかけだそうですね。

はい。小学1年生の時に母(高群女流四段)からルールを教わりましたが、本気で取り組み始めたのは小学4年生の時です。初めて参加した「駒姫名人戦」の初戦で、同い年の竹俣紅女流初段にボロボロに負けたのがきっかけでした。

結果的にベスト8に残ったのですが、勝った記憶がまったくないぐらいに、負けた悔しさが大きかったです。そこで、「もう負けたくない、将棋をもっと頑張りたい」と思うようになりました。

lawson12_04.JPG

――先ほど中学1年生の時に研修会に入ったとおっしゃっていましたが、プロを目指そうと決めたのは、いつ頃でしたか?

うーん、自分でもいつプロになりたいと思い始めたのか、覚えていないんです。自然な流れで教室に通い始めて、研修会に入ったので。

――ご両親がプロになるのを勧めたことは?

一切なかったですね。ルールを教えてくれたり、大会に連れて行ってくれたりはしましたが、それだけで。逆に、親に「プロを目指しなさい」と言われていたら、反発して将棋をやらなかったかもしれません(笑)。

――子どもの頃に、ご両親の対局などを観る機会はありましたか?

ありました。小学5年生の頃に達人戦の決勝まで父が残ったので、公開対局を観に行きました。

――小学5年生というと既に将棋に打ち込んでいる時期かと思いますが、塚田九段が対局している姿を観て、何か感じましたか?

「頑張ってるな」とは思っていましたが、それよりも、優勝賞品がパソコンだったので「勝ったらパソコンがもらえる!」とワクワクしていました(笑)。

ただ、父が盤に向かう姿や、モニターに映った局面は、今も覚えています。当時の私にとって、とても印象的なシーンでした。

lawson12_05.JPG

「やめてもいいんだよ」と母の言葉があったから、挫折しても踏ん張れた

――これまでに「将棋をやめたい」と思うことや、挫折してしまったことはありませんでしたか?

やめたいと思ったことはないですが、挫折した経験はあります。研修会に入ったあと、全然勝てなかったせいでクラスが落ちてしまったことがあって。その状況が1年半ぐらい続いたので、その時は心が折れそうになりました。

当時、母に相談したら「いつでもやめていいんだよ」と言われて。でも、そんなこと言われてやめるの、悔しいじゃないですか。それで、「やめたくない、頑張りたい」と思えたんです。

――「頑張って」ではなく「やめてもいいんだよ」と言われたことが、負けず嫌いな塚田女流1級のモチベーションを上げてくれたんですね!

そうですね。あの母の励ましは、大きかったと思います。その後、勉強方法を変えるなど試行錯誤して、なんとかクラスを上げることができました。

――両親共にプロであることで、特有のプレッシャーがかかったり、反抗したくなったりしそうな気もします。そういうことは、あまりなかったですか?

lawson12_06.JPG

いえ、つい最近まで反抗期でしたよ!(笑)

――つい最近まで、ですか!

はい。家にいる時は、父に何か言われたら言い返してしまうなんてことも、しょっちゅうでした(笑)。もちろん将棋に関しては師匠なので、そこは師弟関係として切り替えるようにしているつもりですが‥‥。

――師匠である父・塚田九段と一緒にお仕事されることもありますが、そういう時は気恥ずかしかったりしないんですか?

気恥ずかしさは、あまりないですね。共演させてもらえる時は、「どちらも呼んでいただけてありがたいな」と思っています。ただ、一緒だと素が出てしまうので、家のリビングでの会話みたいにならないように気をつけたいです‥‥(笑)。

――最後に、これから目指すものや、今後実現したいことを教えてください。

まずは、女流初段を目指すことです。ゆくゆくはタイトル戦にも出れるように、頑張りたいと思います。将棋以外の面では、社会人としての教養も身に付けたいです。最近は生放送でいただいたメールを読む機会もあるのですが、難しい漢字が読めなくて悔しい思いをすることがあって‥‥(笑)。20歳になったので、一人の大人として、人間的にも成長していきたいです。

まとめ

家族のことを笑顔でお話してくださった塚田女流1級。「家では三人で将棋の話をすることもあります。でも食事中に話すと、ただでさえ食べるのが遅い父が、将棋の話に集中してしまってご飯が進まないので、母に怒られちゃうんですけどね(笑)」と塚田家のほっこりエピソードも。「プレミアムロールケーキ」を差し入れてくれたローソンクルーのあきこちゃんには、こんなメッセージをいただきましたよ。

lawson12_2.jpg

12月おすすめデザート

lawson12_3.jpg

クリームをリニューアルした「プレミアムロールケーキ」は、ミルク感が増しながらもスッキリとした味わいに。ペロリと食べ終わってしまうおいしさです♪

取材協力塚田恵梨花女流1級

1998年8月27日生まれ。東京都杉並区出身。塚田泰明九段門下。 2014年10月1日、女流2級。2017年6月23日、女流1級に昇級。 父は塚田泰明九段、母は高群佐知子女流四段。

ro-son_bana.jpg

マツオカミキ

ライターマツオカミキ

2014年からライターとして活動する平成元年生まれ。28歳にして初めて将棋に触れました。将棋を学びながら、初心者目線で楽しさをお伝えします!普段は観光地や企業、お店を取材して記事を執筆中。

このライターの記事一覧

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています