将棋コラム

「ふたりで将棋を指す時間は、すごく楽しいです」藤田綾女流二段の、結婚と将棋への想いとは?<前編>

「ふたりで将棋を指す時間は、すごく楽しいです」藤田綾女流二段の、結婚と将棋への想いとは?<前編>

ライター: 伊佐知美  更新: 2018年05月18日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

sponsored by SmartNews

昨今の将棋ブームにおいて、ますます注目を集める女流棋士。女流棋士についての情報をもっと知りたい!と感じる人は以前より増えているのでは?

今回は小学6年生で史上最年少女流棋士としてプロ入りした藤田綾女流二段に全3回の連載でインタビュー。ファンの間で「奇跡の画伯」と密かに話題の「藤田女流二段の手書きイラスト色紙」も毎回描いていただける(!)&スマートニュースのアプリをダウンロードした方の中から抽選でプレゼントしていただける(!!)ことに。

fujita1_17.jpg
藤田綾女流二段が描いた「ニワトリのイラスト」

初回は、藤田女流二段の近況に迫ります。これを読めば、もっと将棋と女流棋士が好きになってしまうかも?

取材協力藤田綾女流二段

1987年3月生まれ。 東京都大田区出身の女流棋士。
1998年10月に女流2級(最年少記録)。2016年8月に女流二段に昇段。
2016年4月からNHK杯戦の司会を務める。

女流棋士の仕事内容や日々の過ごし方とは?

fujita1_1.jpg

ーー藤田女流二段の、現在の仕事内容や日々の過ごし方を教えてください。

藤田女流二段 はい。対局のほか、「NHK杯将棋トーナメント」の司会や「囲碁将棋チャンネル」の収録、対局中継での聞き手、あとは地域のイベント出演や企業の将棋部でのお稽古など、将棋を広めるためのさまざまな活動をしています。

私は女流棋士ですが、将棋ファンのひとりでもあります。だから将棋には仕事でなくても日々触れていたい

たとえば今だったら、やっぱり名人戦や叡王戦、マイナビ女子オープンといったタイトル戦や、藤井聡太六段の七段昇段の動向はやっぱり気になります。よくチェックするのは、日本将棋連盟サイトやニコニコ生放送、AbemaTVや将棋プレミアムなどの生中継に、スマートニュースのアプリで将棋チャンネルを見たり

あとは、情報収集のためにTwitterもよく使います。将棋関係者のTwitterアカウントを複数フォローしているので、最新ニュースがリアルタイムに見られておもしろいのと、自分では普段聞くことのできない将棋ファンの方の生の声がわかるので、頻繁にのぞいてしまいます。

藤田女流二段の最近のマイニュース

そんな藤田女流二段のマイニュースといえば? 大きな出来事を2つ教えていただきたい! と思ったのですが、せっかくなので無茶振りしてみました。

ーー藤田女流二段、最近のマイニュースを絵で描いてください。

fujita1_2.jpg

藤田女流二段 えっ......。絵で、ですか?

ーー絵で、です。

fujita1_3.jpg

藤田女流二段 いいですよ。うまく描けるかなぁ......。

ーー(早い。)

本当にすらすらと、色紙に描き始めてくださいました。

1つ目のニュースは「書籍出版」

藤田女流二段 まず1つ目は、やっぱり初めての書籍親子で楽しむはじめての将棋(NHK将棋シリーズ)の出版ですね。

fujita1_4.jpg
まずは輪郭から。描き始めに迷いがありません

fujita1_5.jpg
胴体も順調に出来上がっていきます

fujita1_6.jpg
下書きなんて言葉は藤田女流二段の辞書にありません

fujita1_7.jpg
そして、ついに......

fujita1_8.jpg

藤田女流二段 できました!

fijita1_18.jpg

ーー(想像していたよりも全然うまい。)

fujita1_9.jpg

藤田女流二段 『親子で楽しむはじめての将棋』は、駒の特徴を動物にたとえて説明するなど、将棋を楽しく学べる入門書です。

将棋を始めたばかりの頃は、とにかく自分が指すのが楽しかったので、正直、将棋を教えることを意識していませんでした。

けれど、大学時代に友だちと将棋の話ができずに寂しくて、もっとみんなに知ってもらいたいなぁと感じたり、将棋教室で教えるようになってからは、教えることの難しさに気づいたりしました。そうしたら、次第に「将棋の楽しさを上手に伝えられる人になりたい」と考えるようになって......。

そんな時、テニススクールに通い始めたのがきっかけで、学ぶ難しさも知ったんです。コーチが言っていることが、頭では理解できても、全然身体が動かない。「分かってるけど、できないよ〜!(笑)」。そんなもどかしさも感じたので、将棋を教える時はできるだけ初心に戻り、噛み砕いてていねいに説明することを心がけるようになりました。

今回の書籍出版は、その1つの集大成ともいえるかなと思うので、やっぱり最近の大ニュース筆頭です。

2つ目のニュースは「結婚」

藤田女流二段 あとは、結婚しました。

ーー改めて、おめでとうございます!

fujita1_10.jpg

藤田女流二段 これも、描きますね。

ーー(やっぱり早い。)

fujita1_11.jpg
描く時の表情は、真剣そのもの

fujita1_12.jpg
かと思いきや、次の瞬間とっても笑顔。「なんだろう、これ(笑)」自分で笑う様子が愛らしい藤田女流二段

fujita1_13.jpg
左側が藤田女流二段で......

fujita1_14.jpg
右側が旦那さまでしょうか

fujita1_15.jpg
ものの数分で完成

藤田女流二段 できました......!

fujita1_19.jpg

ーー旦那さま、小顔ですね。

藤田女流二段 いえ、実際はもうちょっと私よりも大きいと思うんですが......ちっちゃくなっちゃいました(笑)。結婚したからといって生活や仕事が大きく変わったわけではないのですが、時折ふたりで将棋を指す時間は、すごく楽しいです

ということで、この色紙2枚を読者の方にプレゼントさせてください!

fujita_1_20.jpg
左)書籍のイラスト色紙 右)結婚のイラスト色紙

もっとそれぞれの話を深掘ってお伺いしたいところではあるのですが......この連載は第3回まで続くので、今回はこのあたりで一旦終了といたしましょう。

第2回は、藤田女流二段が将棋に出会ったきっかけや、のめり込むに至った理由、そして最近気になる将棋界のニュースなどを伺います。次回もお楽しみに!藤田女流二段、素敵なお話とイラストをありがとうございました。

藤田女流二段も使っているスマートニュースアプリは将棋ニュースをチェックするのにとても便利なアプリです!みなさんもぜひ使ってみてください!

syougi_bannar_05.png

アプリをダウンロードして色紙をGETしよう

全世界で3000万ダウンロードを突破するニュースアプリの大定番。
配信メディアは2500以上!圏外でもサクサク読めて、自分の興味に合わせてニュースをカスタムできる。
※全て無料でご利用いただけます。

ダウンロードはこちらから

色紙プレゼントの応募方法

(1)スマートニュースアプリをダウンロード
(2)日本将棋連盟Twitter(@shogi_jsa)をフォロー
(3)公式Twitterアカウントから「#スマートニュースで将棋」がついた投稿をリツイート

抽選で毎週1名様に色紙をプレゼントします!

伊佐知美

ライター伊佐知美

これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし』創刊編集長、エッセイスト、フォトグラファー。 これまで40カ国100都市、47都道府県を旅する。将棋初心者。棋士と同じくらい将棋盤・将棋駒を作っている職人さんに興味を持っている。

このライターの記事一覧

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています