将棋コラム

山口恭徳のコラム一覧

山口恭徳

山口恭徳

将棋史研究家。新聞将棋の歴史を大学の卒論にして以来38年間、細々と研究を続けてきました。
花冷の花びらに日の差しにけり 恭徳

佐藤康光九段、最年少で紫綬褒章を受章「羽生さんに勝つために独創的な棋風に」

Category:棋士・棋戦   writer:山口恭徳   update:2017年05月02日

将棋界で最初の褒章受賞者は木村義雄十四世名人(55)で、昭和35年(1960年)の「秋の褒章」で紫綬褒章を受章しました。同時に受章した喜劇俳優が"エノケン...

>続きを読む

持ち時間、30時間?!竜王戦第1局開催地の天龍寺で70年前に行われた大一番とは【将棋の歴史】

Category:棋士・棋戦   writer:山口恭徳   update:2016年12月24日

今年の竜王戦(読売新聞社主催)第1局の対局場である京都市嵯峨の天龍寺では、約70年前に将棋史上に輝きを放つ大一番も行われていました。映画や芝居、歌謡曲の「...

>続きを読む