最年少17歳、最年長66歳でタイトル戦に挑戦した棋士、わかりますか?七大タイトルの最年少&最年長記録まとめ

最年少17歳、最年長66歳でタイトル戦に挑戦した棋士、わかりますか?七大タイトルの最年少&最年長記録まとめ

ライター: 佐藤友康  更新: 2017年04月13日

藤井聡太四段の最年少でのプロデビューや、加藤一二三九段の最年長対局記録の更新で、将棋界の最年少・最年長の話題が賑わっています。では、タイトル挑戦・タイトル獲得の最年少・最年長記録はどうなのでしょうか? このコラムでは、タイトル挑戦・タイトル獲得の最年少・最年長記録をお伝えしていきます。

史上最年少タイトル挑戦&タイトル獲得

yashiki.JPG
撮影:常盤

史上最年少のタイトル挑戦は第55期(1989年度後期)棋聖戦で、中原誠棋聖(当時)に屋敷伸之四段(当時)が挑んでいます。屋敷四段は17歳10カ月でのタイトル挑戦となりましたが、五番勝負では2勝3敗で敗れ、惜しくもタイトル獲得は逃しています。

史上最年少のタイトル獲得はなんとその翌年度、第56期(1990年度前期)棋聖戦です。またしても屋敷四段が挑戦者となり、2連敗の後の3連勝で見事タイトルを獲得、18歳6カ月という若さでタイトルホルダーとなりました。

奨励会入りが中学2年と、決して早くはなかった屋敷九段ですが、そこからの最年少タイトル獲得の活躍というのも驚くべき点です。

史上最年長タイトル挑戦&タイトル獲得

ooyama.jpg
第31期名人戦 第1局

史上最年長のタイトル挑戦は第15期の棋王戦で、南芳一棋王(当時)に大山康晴十五世名人が挑んでいます。大山十五世名人は当時、66歳11か月での挑戦でした。南棋王に3連敗となりタイトル奪取はなりませんでしたが、1990年当時の60歳を超えた現役棋士はわずか8名でしたから、66歳でのタイトル挑戦はまさに大記録と言えるでしょう。

史上最年長のタイトル奪取は第29期の王将戦で、加藤一二三王将(当時)に大山十五世名人が挑んだ時です。56歳での挑戦でしたが、4勝2敗でタイトルを奪取しています。

大山十五世名人は69歳で亡くなるまで、A級に在籍し活躍し続けた、偉大な棋士です。日本将棋連盟の会長にも長く在任し、将棋普及にも多大な尽力をされ、文化功労者に顕彰されるなどの大功労者でもあります。

七大タイトルの最年少挑戦&獲得記録

各タイトルの最年少挑戦記録を以下にまとめました。

棋戦 挑戦/獲得 タイトル挑戦/獲得者 当時の年齢 対戦者
竜王戦 挑戦 第2期 羽生善治 19歳 島朗
獲得
名人戦 挑戦 第19期 加藤一二三 20歳 大山康晴
獲得 第41期 谷川浩司 21歳 加藤一二三
王位戦 挑戦 第33期 郷田真隆 21歳 谷川浩司
獲得
王座戦 挑戦 第51期 渡辺明 19歳 羽生善治
獲得 第40期 羽生善治 21歳 福崎文吾
棋王戦 挑戦 第16期 羽生善治 20歳 南芳一
獲得
王将戦 挑戦 第60期 豊島将之 20歳 久保利明
獲得 第35期 中村修 23歳 中原誠
棋聖戦 挑戦 第55期 屋敷伸之 17歳 中原誠
獲得 第56期 18歳

やはり屋敷九段の17歳でのタイトル挑戦・18歳でのタイトル獲得は目を見張るものがありますね。この記録に隠れてしまいましたが、棋聖戦は2016年に永瀬拓矢六段が23歳で、2015年に豊島将之七段が25歳で、2012年には中村太地六段が24歳で挑戦、若手棋士の挑戦が目立ちます。

七大タイトルの最年長挑戦&獲得記録

各タイトルでの最年長の挑戦記録を以下にまとめました。

棋戦 挑戦/獲得 タイトル挑戦/獲得者 当時の年齢 対戦者
竜王戦 挑戦 第29期 丸山忠久 46歳 渡辺明
獲得 第26期 森内俊之 43歳
名人戦 挑戦 第44期 大山康晴 63歳 中原誠
獲得 第51期 米長邦雄 49歳
王位戦 挑戦 第22期 大山康晴 58歳 中原誠
獲得 第12期 48歳
王座戦 挑戦 第43期 森?二 49歳 羽生善治
獲得 第64期 羽生善治 46歳 糸谷哲郎
棋王戦 挑戦 第15期 大山康晴 66歳 南芳一
獲得 第29期 谷川浩司 42歳 丸山忠久
王将戦 挑戦 第29期 大山康晴 56歳 加藤一二三
獲得 第31期 59歳 中原誠
棋聖戦 挑戦 第24期 大山康晴 51歳 内藤國雄
獲得 第30期 54歳 森?二

※終了しているタイトル戦の記録は除く
※王将戦は、第29期~第31期は大山十五世名人が獲得しています
※棋聖戦は、第24期~第30期は大山十五世名人が獲得しています

やはり、大山十五世名人の60歳を超えてのタイトル挑戦の記録が目を引きます。羽生三冠や谷川九段は、最年少・最年長のどちらにも名前を連ねており、長く第一線で活躍していることがよくわかります。

title_age_01.jpg
第52期王位戦 第7局

若手・ベテランのタイトル挑戦&獲得への期待

今回は、七大タイトル戦の最年長&最年少の挑戦・獲得記録をまとめました。若手もベテランも第一線で活躍し、世代を超えた戦いができるのも、頭脳ゲームならではのことでしょう。タイトル戦は注目度も高いですし、タイトル戦を経験することで、認知度も上がります。若手・ベテランともに自分の持ち味をいかんなく発揮し、素晴らしい対局を作っていってほしいですね。

佐藤友康

ライター佐藤友康

3歳から将棋に触れ、将棋とともに幼少期を過ごすものの、途中、長い長いブランクを経て、27歳で将棋復活。 2015年4月より、池袋で20代・30代に向けた将棋普及活動『将Give』を主催・運営する。 将棋の楽しさ・面白さ・奥深さに深く感動し、将棋普及と将棋を通じた社会貢献・人間的な成長の応援を使命とする。

このライターの記事一覧

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています