将棋コラム

羽生三冠 VS 藤井聡四段 が、遂に実現!対局前にそれぞれの意気込みを聞いた(両者コメントあり)

羽生三冠 VS 藤井聡四段 が、遂に実現!対局前にそれぞれの意気込みを聞いた(両者コメントあり)

更新: 2017年03月04日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

AbemaTVが放送する『藤井聡太四段 炎の七番勝負〜New Generation Story〜』の、第7局に羽生善治三冠が登場することが決まりました。 中学生で棋士になった先輩と後輩との対決には多くの注目が集まります。

放映に先立ちまして、メールで両対局者への事前インタビューを行いましたので、紹介します。まずは羽生三冠から。

abema_fujii_01.jpg
第75期名人戦A級順位戦最終局対局開始での羽生三冠。撮影:常盤秀樹

 ーー羽生三冠が藤井聡太少年の存在を初めて知ったのは、いつだったのでしょうか。

「藤井さんが小学生の時に、とても早く詰将棋を解く少年がいる、と若島正さん(詰将棋作家・英文学者)から聞いて、その存在に注目していました」

 ーー藤井四段の印象および、本局に対する意気込みをお願いします

「四段と言ってもすでに普通にかなり強いはずなので、気を引き締めて臨みたいと思います。どんな将棋を指すのか楽しみにしています」

続いて藤井四段へのインタビューです。

abema_fujii_02.jpg
第30期竜王戦ランキング戦6組、対加藤一二三九段戦での藤井四段。撮影:常盤秀樹

 ーー今回の企画で、羽生三冠と指せるということを聞いてまず感じたことはなんですか。

「新四段が羽生先生と対局するというのはめったにないことなので、驚きと共に、とても嬉しく思いました」

 ーー藤井四段にとって、羽生善治という存在はどのようなものでしょうか。

「20年以上前からずっと第一線で活躍されていて、本当にすごい先生だと感じています」

 ーー羽生将棋の印象をどのように考えますか。

「当然ながら、序盤、中盤、終盤全てにおいて高いレベルでバランスがとれている将棋という印象です」

 ーー羽生三冠の将棋で特によく並べた棋譜はありますか。

「特にどの将棋をたくさんというのはありません」

 ーー 藤井四段が初めて羽生善治という存在を知ったのはいつで、どのようなときだったのでしょうか。

「こども将棋教室に『羽生の頭脳』が置いてあったので、それで知りました。教室へは幼稚園年中のときに入会したのですが、はじめは所司先生(和晴七段)の『【決定版】駒落ち定跡』、次に『羽生の頭脳』に取り組みました」

 ーー最終戦にはどういう気持ち、意気込みで臨みたいとお考えですか。

「せっかくの機会なので、自分の力を出し切れるようにしたいと思います」

 ーーそのためには事前にどのような準備を行うことになるのでしょうか。

「特別な対策といったものはありません。コンデションを整えて臨みたいと思っています」

 ーー羽生三冠相手に指したい戦型はありますか、またどのような将棋にしたいと考えますか。

「戦型は始まってみないとわかりませんが、どのような形になっても、観ている方に最後まで楽しんでいただける熱戦にできればと思っています」

本局の収録日には多くのマスコミ、関係者が集まりました。両者への注目度の高さがうかがえます。肝心の対局ですが、あるメジャーな戦型から最近とみに注目されている指し方に......。詳しい内容及び、結果については放映される番組を、ぜひご覧ください。

番組は、2017年3月12日(日)19時から毎週日曜日に7週連続で放映します。詳細はこちら

第1戦(3月12日):VS 増田康宏四段
第2戦(3月19日):VS 永瀬拓矢六段
第3戦(3月26日):VS 斎藤慎太郎六段
第4戦(4月2日):VS 中村太地六段
第5戦(4月9日):VS 深浦康市九段
第6戦(4月16日):VS 佐藤康光九段
第7戦(4月23日):VS 羽生善治三冠

お楽しみに!

相崎修司

ライター相崎修司

2000年から将棋専門誌・近代将棋の編集業務に従事、07年に独立しフリーライターとなる。2016年現在は竜王戦、王位戦・女流王位戦、叡王戦、女流名人戦で観戦記を執筆。将棋世界などにも寄稿。

このライターの記事一覧

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています