棋戦トピックス

名人戦は佐藤名人が羽生竜王を破り3連覇。王座戦で藤井七段がリベンジを果たす【6月16日~6月22日の注目対局結果】

更新:2018年06月23日 10:00

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

6月16日(土)~6月22日(金)に行われた注目対局の結果をご紹介します。

名人戦七番勝負第6局では、佐藤天彦名人が4勝2敗でタイトル防衛、3連覇を達成しました。また、ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第2局で、羽生善治棋聖が豊島将之八段に勝ち、1勝1敗タイに戻しています。王座戦挑戦者決定トーナメントはベスト4進出者が決定。藤井聡太七段が深浦康市九段にリベンジを果たし、準決勝へ駒を進めています。

※段位・成績は対局当時のもの

第76期名人戦

【七番勝負第6局】佐藤天彦名人が4勝2敗でタイトル防衛

○佐藤天彦名人-●羽生善治竜王

佐藤天彦名人に羽生善治竜王が挑戦する第76期名人戦七番勝負の第6局が6月19・20日(火・水)に山形県天童市「天童ホテル」で行われ、佐藤名人が羽生竜王を145手で破り4勝目を挙げ、4勝2敗で防衛を決めました。

佐藤名人はこれで、3期連続の名人獲得となりました。


写真左:佐藤天彦名人/写真右:羽生善治竜王[名人戦棋譜速報より]

第77期順位戦

【C級1組】西尾明六段が増田康宏六段を破り初戦勝利

●増田康宏六段-○西尾明六段

第77期C級1組順位戦で、西尾明六段VS増田康宏六段の対局が6月19日に行われ、西尾六段が110手で増田六段を破り、初戦を白星で飾りました。

次戦は、西尾六段は小林裕士七段と、増田六段は都成竜馬五段と対局します。


写真左:増田康宏六段/写真右:西尾明六段[名人戦棋譜速報より]

【C級1組】近藤誠也五段が近藤正和六段を破り初戦勝利

●近藤正和六段-○近藤誠也五段

第77期C級1組順位戦で、近藤正和六段VS近藤誠也五段の対局が6月19日に行われ、近藤誠五段が113手で近藤正六段を破り、初戦に勝利しました。

次戦は、近藤誠五段は千葉幸生七段と、近藤正六段は佐藤秀司七段と対局します。

近藤誠五段の今年度成績は7勝5敗(0.5833)、対局数ランキング、勝数ランキングでトップ10にランクインしています。


写真左:近藤正和六段/写真右:近藤誠也五段[名人戦棋譜速報より]

【C級1組】金井恒太六段が島朗九段を破り初戦勝利

●島朗九段-○金井恒太六段

第77期C級1組順位戦で、島朗九段VS金井恒太六段の対局が6月19日に行われ、千日手が成立。同日指し直し局が行われ、金井六段が136手で島九段を破り、初戦を白星で飾りました。

次戦は、島九段は田中寅彦九段と、金井六段は北島忠雄七段と対局します。

金井六段は第3期叡王戦で、佐藤天彦名人、佐藤康光九段、行方尚史八段ら強豪棋士を破り決勝七番勝負に進出しましたが、0-4で高見泰地叡王に敗れています。


写真左:島朗九段/写真右:金井恒太六段[名人戦棋譜速報より]

第66期王座戦

【挑戦者決定トーナメント】藤井聡太七段が深浦康市九段に勝ち準決勝進出

●深浦康市九段-○藤井聡太七段

第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、深浦康市九段VS藤井聡太七段の対局が6月22日に行われ、藤井七段が120手で深浦九段に勝ち、準決勝進出を決めました。

準決勝では、斎藤慎太郎七段と対局します。

藤井七段は今期が王座戦初参加。本戦トーナメント初戦では、屋敷伸之九段を破り本局まで勝ち進んでいます。

【挑戦者決定トーナメント】斎藤慎太郎七段が久保利明王将に勝ち準決勝進出

●久保利明王将-○斎藤慎太郎七段

第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、久保利明王将VS斎藤慎太郎七段の対局が6月22日に行われ、斎藤七段が115手で久保王将に勝ち、準決勝へとコマを進めました。

準決勝では、藤井聡太七段と対局します。

斎藤七段は第61期より本棋戦に参加。第65期に挑戦者決定トーナメントに進出し、準決勝で青嶋未来五段に敗れています。

第66期王座戦挑戦者決定トーナメント対戦表
第66期王座戦挑戦者決定トーナメント対戦表

第44期棋王戦

【予選】井上慶太九段が都成竜馬五段に勝ち挑戦者決定トーナメント進出

○井上慶太九段-●都成竜馬五段

第44期棋王戦予選で、井上慶太九段VS都成竜馬五段の対局が6月17日に行われ、井上九段が109手で都成五段に勝ち、挑戦者決定トーナメント進出を決めました。

次戦は、丸山忠久九段VS豊島将之八段 戦の勝者と対戦します。

井上九段の昨年度成績は19勝13敗(0.5937)、今年度成績は3勝3敗(0.5000)です。

【挑戦者決定トーナメント】山崎隆之八段が谷川浩司九段を敗り勝ち進む

●谷川浩司九段-○山崎隆之八段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、谷川浩司九段VS山崎隆之八段の対局が6月20日に行われ、山崎八段が61手で谷川九段を破り、勝ち進みました。

山崎九段の今年度成績は2勝3敗(0.4000)となりました。

次戦は、梶浦宏孝四段と対局します。

【挑戦者決定トーナメント】丸山忠久九段が豊島将之八段を破り勝ち進む

○丸山忠久九段-●豊島将之八段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、丸山忠久九段VS豊島将之八段の対局が6月22日に行われ、丸山九段が154手で豊島八段を破り、勝ち進みました。

次戦は、井上慶太九段と対局します。

丸山七段の本棋戦初参加は第17期。第28期に五番勝負に進出し、羽生善治竜王を2勝3敗で破りタイトルを奪取しています。

第68期王将戦

【一次予選】飯島栄治七段が千田翔太六段に勝ち二次予選進出

○飯島栄治七段-●千田翔太六段

第68期王将戦一次予選で、飯島栄治七段VS千田翔太六段の対局が6月20日に行われ、飯島七段が137手で千田六段に勝ち、二次予選進出を決めました。

飯島七段の王将戦初参加は第51期で、通算成績は33勝22敗(0.6000)。第62期に挑戦者決定リーグ入りしています。

第89期ヒューリック杯棋聖戦

【五番勝負第2局】羽生善治棋聖が勝ち1勝1敗タイ

○羽生善治棋聖-●豊島将之八段

羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第2局が6月16日(土)に東京都港区「グランドニッコー東京 台場」で行われ、羽生棋聖が81手で豊島八段に勝ち、1勝1敗のタイに戻しました。

羽生棋聖はこのヒューリック杯棋聖戦を制すると、11期連続での獲得となります。

第3局は6月30日(土)に静岡県沼津市「沼津倶楽部」で行われます。


写真左:羽生善治棋聖/写真右:豊島将之八段

【一次予選】里見香奈女流四冠が勝ち進む 第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選

●村田智弘六段-○里見香奈女流四冠

第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選で、村田智弘六段VS里見香奈女流四冠の対局が6月18日に行われ、里見女流四冠が村田六段に勝ち、2回戦に駒を進めました。

里見女流四冠は次戦、藤井聡太七段と対局します。

【一次予選】西川慶二八段が勝ち進む

●小林健二九段-○西川慶二八段

第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選で、小林健二九段VS西川慶二八段の対局が6月20日に行われ、西川八段が小林九段を破り、勝ち進みました。

西川八段は次戦、豊川孝弘七段と対局します。

加古川青流戦

大橋貴洸四段がベスト8進出 加古川青流戦

○大橋貴洸四段-●古森悠太四段

第8期加古川青流戦で、大橋貴洸四段VS古森悠太四段の対局が6月21日に行われ、大橋四段が95手で古森四段を破り、ベスト8に進出しました。

大橋四段の今年度成績は10勝5敗(0.6667)。対局数ランキング、勝ち数ランキング、連勝ランキングでトップ5にランクインしています。本棋戦の対戦成績は6勝5敗(0.545)、第5期、第6期でベスト8に進出しました。

第8期リコー杯女流王座戦

【二次予選】清水市代女流六段が中村真梨花女流三段に勝ち本戦出場

○清水市代女流六段-●中村真梨花女流三段

第8期リコー杯女流王座戦 二次予選で、清水市代女流六段VS中村真梨花女流三段の対局が6月18日に行われ、清水女流六段が104手で中村女流三段に勝ち、本戦出場を決めました。

【二次予選】和田あき女流初段が石本さくら女流初段に勝ち本戦出場

○和田あき女流初段-●石本さくら女流初段

第8期リコー杯女流王座戦 二次予選で、和田あき女流初段VS石本さくら女流初段の対局が6月18日に行われ、和田女流初段が137手で石本女流初段に勝ち、本戦出場を決めました。

第4回YAMADA女流チャレンジ杯

加藤圭女流3級がベスト4進出

第4回YAMADA女流チャレンジ杯1回戦~3回戦が6月21日に行われ、加藤圭女流3級が勝ち進み、ベスト4進出を決めました。

また、規定により女流2級に昇級となりました。

対局結果は以下のとおりです。

[1回戦]
○山口絵美菜女流1級 VS ●藤井奈々女流2級
○飯野愛女流初段 VS ●里見咲紀女流初段
●中村桃子女流初段 VS ○加藤圭女流3級
●竹俣紅女流初段 VS ○小高佐季子女流2級

[2回戦]
○飯野愛女流初段 VS ●山口絵美菜女流1級
●小高佐季子女流2級 VS ○加藤圭女流3級

[3回戦]
●飯野愛女流初段 VS ○加藤圭女流3級

石本さくら女流初段がベスト4進出

第4回YAMADA女流チャレンジ杯1回戦~3回戦が6月21日に行われ、石本さくら女流初段が勝ち進み、ベスト4進出を決めました。

石本女流初段は第3回YAMADA女流チャレンジ杯を制して優勝。里見咲紀女流初段、北村桂香女流初段、塚田恵梨花女流1級、山根ことみ女流初段、鈴木環那女流二段を破り頂点に立っています。

対局結果は以下のとおりです。

[1回戦]
●K・ステチェンスカ女流1級 VS ○堀彩乃女流2級※
○宮宗紫野女流初段 VS ●相川春香女流初段
●貞升南女流初段 VS ○渡辺弥生女流初段

[2回戦]
○石本さくら女流初段 VS ●堀彩乃女流2級※
●宮宗紫野女流初段 VS ○渡辺弥生女流初段

[3回戦]
○石本さくら女流初段 VS ●渡辺弥生女流初段

※LPSA所属