門倉啓太五段「振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法」【今月の新刊ちょい読み】

門倉啓太五段「振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法」【今月の新刊ちょい読み】

ライター: 将棋情報局(マイナビ出版)  更新: 2019年03月27日

今月の新刊ちょい読み

本記事では、マイナビ出版から3月に発売された「振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法」(門倉啓太著)の内容をちょい見せ!

先手番になり、最初の1手を指しただけで使える戦法。それが「初手▲7八飛戦法」です。 この画期的な作戦は門倉啓太五段が編み出したもので、現在では振り飛車党のトップ棋士も採用しています。

ここでは初手▲7八飛とする意味の一つを、書籍から抜粋して紹介します。

第1章 ▲7八飛戦法とは

mynavi_201903_01.jpg

【第1図は▲7八飛まで】

mynavi_201903_02.jpg

【第2図は▲7八飛まで】

【第3図は△4五角まで】

mynavi_201903_03.jpg

【第4図は▲7六歩まで】

【第5図は▲4八玉まで】

続きは、門倉啓太五段著「振り飛車の新機軸! 初手▲7八飛戦法」をぜひお読みください。

mynavi_201903_book.jpg

将棋情報局(マイナビ出版)

ライター将棋情報局(マイナビ出版)

「将棋情報局」は、『もっと強くなる もっと楽しくなる』をコンセプトに、将棋に関するホットな情報を提供しています。また、書籍、雑誌、ソフトから盤・駒、お菓子まで、各種将棋グッズを幅広く取りそろえ、販売しています。

このライターの記事一覧

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています