将棋コラム

映画「3月のライオン」の舞台をご紹介。タイトル戦が行われているあの場所も‥‥。

映画「3月のライオン」の舞台をご紹介。タイトル戦が行われているあの場所も‥‥。

更新: 2017年04月21日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

映画「3月のライオン」、みなさんはもうご覧になられたでしょうか。主人公の桐山零くんを演じる神木隆之介さんの役のハマりっぷりや、棋士のかっこよさが話題のこの映画。今回は映画の撮影が行われた場所の中からオススメのロケ地を4か所を紹介したいと思います。実際にロケ地を巡ってからもう一度映画を見れば、より感情移入ができるのではないでしょうか。

(1) 将棋会館

まずは東京・将棋会館。日本将棋連盟の本部があり、公式戦や一部のタイトル戦も行われている、東京都渋谷区にある建物です。ちなみに将棋会館は関東、関西のどちらにもあり、それぞれで対局が行われています。

3lion_location_01.jpg
©2017映画「3月のライオン」製作委員会

ここでは桐山vs島田の獅子王戦トーナメントの対局シーンなどが撮影されました。将棋会館では、いつもは実際に棋士の対局が行われているので、将棋会館が休みであるゴールデンウィークでの撮影となったそうです。

1階の販売部、2階の将棋道場は予約なしで見学が可能なので、ぜひ一度訪れてみてください。

<東京・将棋会館>
HP:https://www.shogi.or.jp/about/base/tokyo/
住所:〒151-8516 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-39-9
アクセス:JR千駄ヶ谷駅/都営大江戸線国立競技場駅から徒歩10分
東京メトロ副都心線北参道駅から8分(鳩森神社となり)

(2) 椿山荘

ふたつめにご紹介する椿山荘は美しい庭園で有名な、四季折々の自然が楽しめる東京都文京区にあるホテルです。

3lion_location_02.jpg
©2017映画「3月のライオン」製作委員会

ここで撮影されたのは桐山零が大盤解説を務めた獅子王戦決勝戦、島田vs宗谷の対局。大盤解説用の会場に記者役や観客役など総勢200名以上のエキストラを集めての撮影となりました。

この場所は、実際にタイトル戦でも使用されており、4月6・7日に行われた佐藤天彦名人VS稲葉陽八段の第75期名人戦七番勝負第1局もこの場所で行われました。

<椿山荘>
HP: https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/
住所:〒112-8680 東京都文京区関口2−10−8
アクセス:JR目白駅からバスで約10分
東京メトロご有楽町線「江戸川橋」駅から徒歩約10分。

(3)雪ヶ谷八幡神社

次にご紹介するのは、雪ヶ谷八幡神社。こちらは大田区の東急池上線石川台駅から歩いてすぐの場所にある神社です。

3lion_location_03.jpg
©2017映画「3月のライオン」製作委員会

ここで撮影されたのは桐山零が新年を川本家で迎えた後、みんなで初詣に出かけるシーン。並んだ屋台の中を笑いながら歩くほんわかした空気が、桐山零が後藤と一緒にいる姉の香子を見つけたことで一気に緊迫感のあるシーンへ変わります。

こちらの神社ではお祭りの時には多くの人で賑わうそうで、みたままつりなどに足を運んでみてはいかがでしょうか。

<雪ヶ谷八幡神社>
HP:http://yukigaya.info/top.html
住所:〒145-0065 東京都大田区東雪谷2−25−1
アクセス:東急池上線石川台駅から徒歩2分

(4)隅田川・中央大橋

最後は、スカイツリーも見える隅田川にかかる中央大橋。

3lion_location_04.jpg
©2017映画「3月のライオン」製作委員会

この場所は原作漫画の1巻の表紙にもなっています。映画では、桐山零が住んでいる「六月町」の撮影がこの場所で行われました。 川本家に行く時に通ったり、姉の香子との口論を川本3姉妹に見られたりしたのもこの場所です。


 

近くには佃小橋や住吉神社など、他にも映画で出てきた場所があるので、周辺をゆっくり回るのも楽しそうですね。

<隅田川・中央大橋>
住所:〒104-0033 東京都中央区新川2丁目 付近
アクセス: JR京葉線の八丁堀駅から徒歩5分

以上、映画「3月のライオン」のロケ地を4つご紹介しました。それぞれの場所に足を運べば、映画の世界に入った気分になれるかもしれませんね。もちろん、どの場所でも将棋と同じで礼儀が大切。マナーを守って、しっかり聖地巡礼を楽しんでください。

「3月のライオン」後編】は明日4月22日(土)公開です!

松谷一慶

ライター松谷一慶

2013年より世界一周に出発し、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南米、北米を経て、2016年春に帰国。これまでに訪れた国は約100ヵ国。 自然と音楽とお酒とお祭りとトライアスロンとバンジージャンプと甘いものとキリンとぶり大根とが好き。将棋は祖父と何度が指したことがあるくらいだったが、最近また覚えはじめる。

このライターの記事一覧

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

facebookのタイムラインに
最新情報が配信されます

将棋コラムの人気記事

もっと見る