将棋ニュース

新四段誕生のお知らせ

更新:2017年09月09日 19:00

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

9月9日(土)に東京・将棋会館で行われました第61回奨励会三段リーグ戦(2017年4月~2017年9月)18回戦において、斎藤明日斗三段と古森悠太三段が四段昇段を決めました。最終成績は斎藤三段14勝4敗、古森三段12勝6敗です。四段昇段日は2017年10月1日付となります。
次点は12勝6敗で、甲斐日向三段です。

斎藤四段・古森四段

斎藤 明日斗(さいとう・あすと) 棋士番号311

斎藤明日斗新四段

生年月日
1998年7月17日生まれ (19歳)
出身
神奈川県川崎市
現住所
神奈川県川崎市
師匠
宮田 利男八段
奨励会入会
2010年9月
三段リーグ入り
2015年10月(第58回奨励会三段リーグから)
得意戦法
横歩取り系
趣味
フットサル 水泳
将棋を始めたきっかけ
小学校に入る前に父に教わりました。
本人のコメント
「思った以上に自分の力を発揮できないときもあったので、想像以上に厳しい戦いでした。
1局1局の重みを実感しながら戦ってきたのが、結果につながったと思っています。
一度はタイトル戦を戦い、またタイトルを獲りたいという気持ちもあります。」

古森 悠太(こもり・ゆうた) 棋士番号312

古森悠太新四段

生年月日
1995年8月20日生まれ (22歳)
出身
大阪府高槻市
現住所
大阪府高槻市
師匠
小林 健二九段
奨励会入会
2008年9月
三段リーグ入り
2016年10月(第60回奨励会三段リーグから)
得意戦法
角交換振り飛車
趣味
カラオケ
将棋を始めたきっかけ
小学2年生のときに祖父から教わり、始めました。
本人のコメント
「今期は途中から1勝1敗が続いていたので不安があったが、昇段できてほっとしています。
悪くなってもすぐにあきらめない、粘り強い将棋を指したいです。
タイトル戦にからめるようにできればと思っています。」

関連ニュース

一覧へ