棋戦トピックス

棋聖戦は豊島八段が羽生棋聖を破り先勝。竜王戦決勝T進出者が出揃う【6月2日~6月8日の注目対局結果】

更新:2018年06月09日 10:00

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

6月2日(土)~6月8日(金)に行われた注目対局の結果をご紹介します。

今週は6月6日にヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局が行われ、豊島将之八段が羽生善治棋聖を破り先勝。豊島八段は6月4日に行われた王位戦挑戦者決定戦でも羽生棋聖に勝利し、菅井竜也王位への挑戦権を獲得しました。また、藤井聡太七段が竜王戦5組ランキング戦で優勝し、決勝トーナメント進出者11名が決定しました。

※段位は対局当時のもの

第31期竜王戦

【2組昇級者決定戦】佐藤天彦名人が佐藤和俊六段を破り勝ち進む

○佐藤天彦名人-●佐藤和俊六段

第31期竜王戦2組昇級者決定戦で、佐藤天彦名人VS佐藤和俊六段の対局が6月6日に行われ、佐藤名人が155手で佐藤六段を破り、勝ち進みました。

佐藤名人は本棋戦に第20期より参加しており、通算成績は34勝19敗。第21期の5組昇級以降、第25期の1組まで連続で昇級を果たしています。

【5組昇級者決定戦】竹内雄悟四段が田村康介七段を破り勝ち進む

●田村康介七段-○竹内雄悟四段

第31期竜王戦5組昇級者決定戦で、田村康介七段VS竹内雄悟四段の対局が6月4日に行われ、竹内四段が122手で田村七段を破り、勝ち進みました。

次戦は、佐藤慎一五段と対局します。

【5組昇級者決定戦】村田顕弘六段が堀口一史座七段を破り勝ち進む

●堀口一史座七段-○村田顕弘六段

第31期竜王戦5組昇級者決定戦で、堀口一史座七段VS村田顕弘六段の対局が6月7日に行われ、村田六段が48手で堀口七段を破り、勝ち進みました。

次戦は、渡辺正和五段と対局します。

村田六段の今年度成績は5勝0敗。勝率ランキングで同率1位、勝数ランキング、連勝ランキングでトップ20入りしています。

【5組ランキング戦】藤井聡太七段が石田直裕五段を破り、決勝トーナメント進出

○藤井聡太七段-●石田直裕五段

第31期竜王戦5組ランキング戦で、藤井聡太七段VS石田直裕五段の対局が6月5日に行われ、藤井七段が96手で石田五段を破り、竜王戦5組優勝を決めました。

昨年の6組優勝に続いて、2期連続の優勝となりました。また、この対局に勝ち藤井七段は7連勝です。

第31期竜王戦決勝トーナメント進出者11名が出揃う

【6組昇級者決定戦】宮本広志五段が東和男八段を破り勝ち進む

●東和男八段-○宮本広志五段

第31期竜王戦6組昇級者決定戦で、東和男八段VS宮本広志五段の対局が6月4日に行われ、49手で千日手が成立。同日指し直し局が行われ、宮本五段が87手で東八段を破り、勝ち進みました。

次戦は、浦野真彦八段と対局します。

宮本五段は、本棋戦の第26期ランキング戦6組に奨励会三段の参加枠で出場しています。

第59期王位戦

【挑戦者決定リーグ】豊島将之八段が羽生善治竜王を破り王位挑戦を決める

●羽生善治竜王-○豊島将之八段

第59期王位戦挑戦者決定戦、羽生善治竜王VS豊島将之八段の対局が6月4日に行われ、豊島八段が126手で羽生竜王を破り、王位挑戦を決めました。

豊島八段は、前期第58期挑戦者決定戦で菅井竜也王位に破れており、七番勝負はリベンジマッチとなります。また、豊島八段はヒューリック杯棋聖戦に続いてのタイトル挑戦です。

七番勝負は7月4日・5日(水・木)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で開幕します。

topic_0609_matome_oui_0604.jpg
写真左:豊島将之八段/写真右:羽生善治竜王

第66期王座戦

【挑戦者決定トーナメント】永瀬拓矢七段が青嶋未来五段を破りベスト4進出

○永瀬拓矢七段-●青嶋未来五段

第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、永瀬拓矢七段VS青嶋未来五段の対局が6月6日に行われ、69手で千日手が成立。同日指し直し局が行われ、永瀬七段が74手で青嶋五段を破り、ベスト4へと駒を進めました。

次戦は準決勝、菅井竜也王位VS渡辺明棋王 戦の勝者と対局します。

永瀬七段は本棋戦に第59期から参加しており、通算成績は19勝7敗。第62期、63期に挑戦者決定トーナメントに出場しています。

【挑戦者決定トーナメント】渡辺明棋王が菅井竜也王位を破りベスト4進出

●菅井竜也王位-○渡辺明棋王

第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、菅井竜也王位VS渡辺明棋王の対局が6月7日に行われ、渡辺棋王が96手で菅井王位を破り、ベスト4へと駒を進めました。

次戦は準決勝、永瀬拓矢七段と対局します。

渡辺棋王は第59期王座戦で羽生竜王からタイトルを奪取、翌年再び羽生竜王と番勝負で対決し1勝3敗で敗れています。

第44期棋王戦

【挑戦者決定トーナメント】松尾歩八段が阿久津主税八段を破り勝ち進む

●阿久津主税八段-○松尾歩八段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、阿久津主税八段VS松尾歩八段の対局が6月5日に行われ、松尾八段が122手で阿久津八段を破り、勝ち進みました。

次戦は、稲葉陽八段と対局します。

松尾八段の今年度成績は6勝3敗。対局数ランキング、勝数ランキングでトップ10にランクインしています。

第90期ヒューリック杯棋聖戦

【五番勝負第1局】豊島将之八段が羽生善治棋聖に先勝

●羽生善治棋聖-○豊島将之八段

羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第1局が、6月6日(水)に兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」で行われ、豊島八段が羽生棋聖を99手で破り1勝目をあげました。

豊島八段は、このヒューリック杯棋聖戦を制すると、初のタイトル獲得となります。

第2局は6月16日(土)に東京都港区「グランドニッコー東京 台場」で行われます。

topic_0609_matome_kisei_0606.jpg
写真左:羽生善治竜王/写真右:豊島将之八段

羽生善治棋聖VS豊島将之八段 棋士データ・成績比較

第3回 YAMADAチャレンジ杯

黒沢怜生五段が上村亘四段、増田康宏六段を破り勝ち進む

○黒沢怜生五段-●上村亘四段
○増田康宏六段-●佐藤慎一五段
●増田康宏六段-○黒沢怜生五段

第3回 YAMADAチャレンジ杯で、黒沢怜生五段VS上村亘四段の対局が6月7日に行われ、黒沢五段が上村四段を破り、勝ち進みました。

黒沢五段は同日に、佐藤慎一五段に勝った増田康宏六段と対局し、137手で増田六段に勝ち、さらに駒を進めています。

次戦は準々決勝、田中悠一五段と対局します。

黒沢五段の昨年度成績は33勝17敗(0.6600)です。