イベント

第46回全国支部将棋名人戦〈東西決戦〉結果報告

更新:2017年05月10日 10:50

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

第46回全国支部将棋名人戦の東西決戦が5月5日(祝・金)、大阪市福島区「関西将棋会館」で行われた。
今回の東西決戦は東地区代表の横山大樹さん(北海道・札幌中央支部。26歳)、西地区代表の久保田貴洋さん(宮崎県・宮崎子供支部。25歳)の対戦となった(持ち時間各60分、切れたら一手40秒未満)。

第46回支部名人戦東西決戦_01
横山さんの先手で始まり戦型は久保田さんの中飛車となった。

第46回支部名人戦東西決戦_02 第46回支部名人戦東西決戦_03
写真左:横山大樹さん
写真右:久保田貴洋さん

第46回支部名人戦東西決戦_04
終局直後。151手で横山さんの勝ち。この2人は立命館大学将棋部出身。2年先輩の横山さんは「何百番も指したことがあり、お互い手の内が分かっている相手なので、やりにくさはなかったです。ただ、昨年の第70回アマ名人戦の準決勝で負けていたので、今回は強く戦いたいなと思っていました」とのこと。

第46回支部名人戦東西決戦_05第46代支部名人となった横山大樹さん。横山さんは第39回支部名人戦西地区大会でも優勝し(京都府・京都梅津支部)、東西決戦で中川慧梧(青森県・八戸支部)さんを破っているので史上初の東地区・西地区優勝からの支部名人獲得となった。


第46回支部名人戦東西決戦_06
惜しくも敗れた久保田貴洋さん。

第46回支部名人戦東西決戦_07
表彰式。日本将棋連盟常務理事・井上慶太九段より賞状が授与された。支部名人戦優勝の横山さんは9月に行われる第71回アマチュア名人戦に招待される。尚、この将棋の棋譜は将棋連盟支部会員向けの機関紙「支部ニュース70号」(6月末発行)に掲載される。

その他のイベント

一覧へ