将棋ニュース

『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』6月17日(日)夜8時より放送

更新:2018年05月22日 13:40

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

羽生善治竜王(永世七冠)の着想から作られた将棋界の早指し王を決定する「AbemaTV」オリジナル対局企画。羽生善治竜王(永世七冠)、久保利明王将ら実力者達と藤井聡太七段をはじめとする選抜された若手棋士の計14名が出場。
秒刻みの攻防戦で"最速・最強"のトップ棋士が決定!6月17日(日)夜8時から放送開始!

AbemaTVトーナメント

株式会社AbemaTVが運営する"無料で楽しめるインターネットテレビ局"「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、「将棋チャンネル」において、羽生善治竜王(永世七冠)の着想から作られた新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』を、6月から9月にかけて全13回に渡り、毎週日曜夜8時より放送することを決定いたしました。トーナメントの初回は、6月17日(日)夜8時より放送いたします。

当トーナメントは、空前の大偉業ともいえる史上初の「永世七冠」を達成し、国民栄誉賞も受賞した将棋界の"神"羽生善治竜王(永世七冠)の着想から作られた、持ち時間が増減する「AbemaTVルール」で対局が行われます。「AbemaTVルール」とは、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用。チェスでも用いられるものですが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で行います。1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすい、スピーディーな展開が見所のオリジナルルールとなっています。トーナメントでは1度の顔合わせで三番勝負を行います。

今回トーナメントに参加するのは、先日行われた「第31期竜王戦5組ランキング戦」で見事勝利を収め、最年少で七段に昇段した"天才"藤井聡太七段をはじめ、14名の選ばれたトップ棋士。予選に参加する12名は、A、B、Cの3ブロック各4名に分かれ対決。三番勝負を2度制した2名が、決勝トーナメントへ進出します。

予選では、A組に橋本崇載八段、藤井聡太七段、三枚堂達也六段、近藤誠也五段。B組に山崎隆之八段、増田康宏五段、佐々木大地四段、大橋貴洸四段。C組に阿久津主税八段、永瀬拓矢七段、佐々木勇気六段、高見泰地六段の組み合わせとなっており、各ブロックの予選を戦い勝ち抜いた棋士6名は、シード棋士・羽生善治竜王(永世七冠)、久保利明王将の2名と、本戦トーナメントで対局を行い、優勝者を決定します。

普段とは一味違った感覚の中、トップ棋士たちはどう戦っていくのか!?そして、羽生善治竜王(永世七冠)vs藤井聡太七段の対局が、再び行われる可能性も!放送は予選各ブロックを6回、決勝トーナメント7対局を7回。6月17日(日)より毎週日曜夜8時に放送する、「AbemaTV」でしか見ることができない対局を、ぜひ、お楽しみください。

また、羽生善治竜王(永世七冠)は、同企画について「初めての試みというところもありますし、どういった反響というか、反応が返ってくるのか楽しみです」と意気込みを語っています。

■羽生善治竜王(永世七冠)コメント
「早指しの『棋戦』というのは公式戦でもあるんですけど、それをもっと速くというのは、なかったというのもあります。
10代の頃だと、一手10秒とかで対局したり、あるいは5分切れ負けでやったりとか、あるといえばあるんですけど、
切れ負けにしてしまうと、単なる時計の叩きあいになってしまうので、将棋の要素を最後まで残しながら早く指して、それがファンのみなさんに楽しんでもらえるようになってくれれば。初めての試みというところもありますし、どういった反響というか、反応が返ってくるのか楽しみです」

■『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』 番組概要
初回放送日程:6月17日(日) 夜8時~
放送チャンネル:将棋
番組URL:https://abema.tv/channels/shogi/slots/9XjV75Qh6SWu9h

■本件に関するお問い合わせ先
AbemaTV 広報担当
E-mail:abematv_pr@cyberagent.co.jp
TEL:03-6758-2207

この記事の関連ワード

関連ニュース

一覧へ