将棋ニュース

最優秀棋士賞に羽生善治竜王、特別賞に藤井聡太六段。第45回将棋大賞決まる

更新:2018年04月02日 16:33

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

2018年4月2日(月)、東京都渋谷区「将棋会館」で2017年度中に活躍した棋士を表彰する将棋大賞選考委員会が開催され、第45回将棋大賞の各賞受賞者が下記のとおり決定いたしました。最優秀棋士賞には羽生善治竜王が、特別賞と新人賞に藤井聡太六段が選ばれました。羽生竜王が最優秀棋士賞を受賞したのは22度目となります。

羽生竜王は昨年12月に永世七冠を達成したほか、4月11日から始まる第76期名人戦では佐藤天彦名人への挑戦も決めており、100期目のタイトル獲得にも注目が集まっています。藤井聡太六段はデビュー後29連勝の新記録を達成し、対局数・勝数・勝率・連勝の4部門で1位に輝いています。

第45回将棋大賞受賞者一覧

【最優秀棋士賞】
羽生善治竜王 (2年ぶり22回目)
【特別賞】
藤井聡太六段 (初)
【優秀棋士賞】
菅井竜也王位 (初)
【敢闘賞】
豊島将之八段 (初)
【新人賞】
藤井聡太六段 (初)
【最多対局賞】
藤井聡太六段 73対局 (初)
【最多勝利賞】
藤井聡太六段 61勝  (初)
【勝率1位賞】
藤井聡太六段 61勝12敗 0.836 (初)
【連勝賞】
藤井聡太六段 29連勝(2016/12/24~2017/6/26)(初)
【最優秀女流棋士賞】
里見香奈女流王座・女流名人・女流王位・女流王将・倉敷藤花(3年連続8回目)
【優秀女流棋士賞】
伊藤沙恵女流二段 (初)
【女流最多対局賞】
伊藤沙恵女流二段 41対局 (初)
【東京将棋記者会賞】
森けい二九段
【升田幸三賞】
青野照市九段 (2回目)(横歩取り青野流)
佐々木勇気六段 (初) (横歩取り勇気流)
【升田幸三賞特別賞】
(故)大内延介九段(振飛車穴熊を戦法に確立した工夫)(初)
【名局賞】
第30期竜王戦七番勝負第4局 渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖
【名局賞特別賞】
第11回朝日杯将棋オープン戦本戦決勝 藤井聡太五段vs広瀬章人八段
第31期竜王戦6組ランキング戦 牧野光則五段vs中尾敏之五段 持将棋局

※第45回より【女流棋士賞】を【優秀女流棋士】に名称を変更いたしました

最優秀棋士賞・羽生善治竜王コメント

羽生善治

山あり谷ありの1年でしたが、このように評価をして頂きとても名誉に感じています。昨今の将棋界の尋常ではないスピードで変化を続けているので、これを励みにフットワーク軽く前進を続けたいと思います。

特別賞、新人賞・藤井聡太六段コメント

藤井聡太

特別賞に選んでいただき、ありがとうございます。これからも将棋の可能性を追求し、棋力をあげるべく一層精進していきたいと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

この記事の関連ワード

関連ニュース

一覧へ