将棋ニュース

藤井四段、史上初 デビュー11連勝達成!

更新:2017年04月04日 17:14

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

本日、4月4日(火)に関西将棋会館で行われた、第67期王将戦一次予選で藤井聡太四段が小林裕士七段に勝ち、11連勝しました。これにより四段デビュー以降の連勝としては新記録を達成しました。

藤井四段、史上初 デビュー11連勝達成_01 藤井四段、史上初 デビュー11連勝達成_02

【藤井四段のコメント】
「(11連勝は)自分の実力からすると望外です。連勝を伸ばせるよう、1局1局指して行きたいです。(今日の対局は)結果は幸いだったが、内容は良くなかったので反省している。まだまだ実力が足りないので、実力を上げて行きたいです。」

【佐藤会長のコメント】
「デビュー早々見事な勝ちっぷりです。ここまで14歳と思えない、しっかりとした戦いぶりで、どこまで連勝を伸ばすか注目しています」

☆藤井聡太(ふじい・そうた) 略歴

2002年7月19日、愛知県瀬戸市生まれ。 杉本昌隆七段門下
14歳2ヶ月で史上最年少プロ棋士(2016年10月1日付)になった
現在、名古屋大学教育学部附属中学3年
第12回(2015年)~第14回(2017年)詰将棋解答選手権チャンピオン戦で3年連続優勝

☆四段昇段からの連勝記録一覧

2017/4/4現在
No. 連勝数 棋士名 現肩書・段位
1 11連勝 藤井聡太 四段
2 10連勝 松本佳介 六段
2 近藤正和 六段
4 9連勝 森下 卓 九段
4 森内俊之 九段
4 佐藤天彦 名人
《参考》中学生棋士のケース
  1勝 加藤一二三 九段
  0勝 谷川浩司 九段
  6連勝 羽生善治 三冠
  6連勝 渡辺 明 竜王・棋王

※棋譜が残る昭和29年以降の記録

この記事の関連ワード

関連ニュース

一覧へ