将棋ニュース

第6期リコー杯女流王座戦一次予選海外招待選手に、ウクライナのヴィクトリヤ・リャスニャンスカさんが出場

更新:2016年05月19日 16:35

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

 第6期リコー杯女流王座戦は、4月3日の東日本アマ予選会と4月17日の西日本予選会で勝ちあがったアマ6名と、海外招待選手アマ1名、奨励会員1名、予選参加のプロ44名の計52名が、二次予選進出をかけて5月22日(日)に「一次予選一斉対局」を行います。

 第6期の海外招待選手はウクライナのヴィクトリヤ・ミハイロブナ・リャスニャンスカさんです。
 1回戦目の対局相手は野田澤彩乃女流1級です。

コメント
ウクライナには才能を持った若い将棋プレイヤーがたくさんいます。今回の私のリコー杯への参加が、そうした若いプレイヤーがトップレベルになるための励みとなり、ウクライナでさらなる将棋の支援へと繋がることを祈っています。
今年のインターネットの海外予選は世界中から本当に強豪が集まりました。以前に私は彼らのうちの何人かに敗れています。しかし、目の前で対局するのとパソコン上で対局するのは異なる感じがします。
今回、私は日本でのプロとの対局を通じてかけがえのない経験をすることができるでしょう。気持ちをうまくコントロールしていい将棋がさせればと思います。
将棋は長い間、私の心を占めており、離れることができません。

関連ニュース

一覧へ