将棋ニュース

西山朋佳奨励会員、奨励会三段に

更新:2015年12月07日 10:10

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

西山朋佳奨励会三段 12月5日(土)、東京都渋谷区「将棋会館」で関東奨励会12月第1例会が行われ、西山朋佳奨励会二段(20歳・伊藤博文六段門下)が1局目と2局目に連勝し、12勝4敗の成績で三段へ昇段しました。女性の奨励会員が三段の資格を得るのは、2013年12月の里見香奈奨励会員以来、2人目となります。
 また、西山奨励会員の三段昇段の年齢は20歳5ヶ月で、里見奨励会員の三段昇段時の年齢(21歳9ヶ月)を抜き、女性会員の年少記録となります。
 なお、西山奨励会員の三段リーグ参加は、第59回三段リーグ戦(2016年4月~2016年9月)からとなります。

西山奨励会員のコメント
二段に1年ちょっといたので、ようやく昇段できてホッとしています。今日は昇段を意識していました。絶対に上がろうと思っていました。4月からの三段リーグが始まるまでの3ヶ月でリーグに通用する力をつけること、研究会など増やして場慣れして、メンタル面を鍛えようと思っています。
西山朋佳 (にしやま・ともか) プロフィール
生年月日:1995年6月27日生(20歳)
師 匠:伊藤博文六段
現住所:神奈川県藤沢市
出身地:大阪府大阪狭山市
奨励会入会:2010年3月7日
初段昇段:2014年1月25日
二段昇段:2014年9月21日
学校名:慶應義塾大学 環境情報学部2年生(※2015年9月から休学中)
昇段規定
初段から三段までの昇段は:8連勝・12勝4敗・14勝5敗・16勝6敗・18勝7敗
三段→四段(プロ棋士):年2回の三段リーグに参加し、1・2位の成績を取ること。次点を2度取ると、フリークラスの四段に昇段する権利を得る。)

関連ニュース

一覧へ