将棋ニュース

"中原 誠 永世十段・名誉王座"誕生へ

更新:2007年08月29日 13:53

 中原 誠永世十段が、60歳の誕生日の2007年9月2日(日)より、『永世十段』とともに永世称号の一つである『名誉王座』を名乗ることになりました。 これにより、中原永世十段は、『永世十段・名誉王座』を名乗ることになります。

 中原永世十段は、1996年9月に王座戦を主催する日本経済新聞社が『名誉王座』の称号を制定したことを受け、王座通算16期の実績により『名誉王座』の資格を獲得しました。 『名誉王座』は、王座位を連続五期または通算十期獲得で資格を得られます。

 永世称号は原則として、現役引退時に名乗ることができますが、『名誉王座』は現役で満60歳に達した時、もしくは現役引退時に名乗ることができます。

 将棋界で『名誉王座』を名乗るのは中原永世十段が初めてです。将棋界では、ほかに羽生善治三冠が『名誉王座』の資格を獲得しております。

中原 誠 永世十段・名誉王座 プロフィール
獲得永世称号
永世名人(十六世名人) 名人15期獲得
永世十段 十段11期獲得
永世棋聖 棋聖16期獲得
永世王位 王位8期獲得
名誉王座 王座16期(タイトル戦以降は6期)

タイトル獲得数

64期(大山十五世名人・羽生三冠についで3位)

1994年4月1日より永世十段を名乗る

2007年9月2日より永世十段・名誉王座を名乗る

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

関連ニュース

一覧へ