棋戦トピックス

第43期棋王戦挑戦者決定トーナメント、永瀬拓矢七段が挑戦者決定戦出場を決める

更新:2017年12月02日 10:00

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

第43期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、2対局が1日に行われました。

三浦弘行九段VS永瀬拓矢七段 の勝者組決勝は、永瀬七段が106手で三浦九段を破りました。

佐藤天彦名人VS黒沢怜生五段 の敗者復活戦は、黒沢五段が108手で佐藤名人を破りました。

この結果、永瀬七段は挑戦者決定戦への出場を決めました。

また、敗者復活戦の決勝は三浦九段VS黒沢五段となり、勝者が永瀬七段と挑戦者決定戦を戦います。