イベント

第24回全国シニア将棋名人戦〈東西決戦〉開催報告

更新:2017年05月18日 16:49

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア
第24回全国シニア将棋名人戦の東西決戦が平成29年5月14日(日)に東京都中央区「綿商会館」で行われた。 4月に開催された東・西各地区大会を勝ち抜いた髙木秀彰さん(静岡県・静岡支部)と武田嘉弘さん(和歌山県・個人会員)との2名による頂上決戦(持ち時間各60分、切れたら一手40秒未満)は125手にて先手の武田嘉弘さんが勝利し、見事「シニア名人」の称号を獲得した。尚、この将棋の棋譜は将棋連盟支部会員向けの機関紙「支部ニュース70号」(6月末発行)に掲載される。

第24回シニア名人戦東西決戦_01
武田さんの先手で振り飛車のスタートなった。髙木さんは居飛車穴熊で対抗する

第24回シニア名人戦東西決戦_02
武田嘉弘さん

第24回シニア名人戦東西決戦_03
髙木秀彰さん

第24回シニア名人戦東西決戦_04
感想戦を将棋連盟常務理事・佐藤秀司七段が見守る

第24回シニア名人戦東西決戦_05
第24代シニア名人となった武田嘉弘さん。武田さんは第22回シニア名人戦東地区大会でも優勝し(東京都・公認会計士支部)、東西決戦で井高照二さん(兵庫県・明石支部)を破っているので史上初の東地区・西地区優勝からのシニア名人獲得となった。

第24回シニア名人戦東西決戦_07
優勝の武田嘉弘さん(中央)には厚生労働大臣杯と厚生労働大臣賞状が送られた。

その他のイベント

一覧へ