出版

将棋世界

昭和12年(1937年)創刊と、月刊誌としても古い歴史を持つ、日本将棋連盟発行の機関誌です。グラビアページや旬の将棋界の話題や特集記事、そしてタイトル戦をはじめとするプロ棋戦の情報、アマ棋界の情報なども掲載しております。また、別冊の付録や段位認定、懸賞問題なども毎号掲載。将棋界の「今」を俯瞰できる月刊誌です。

最新号ご案内

神木隆之介さん、本誌に登場!

【巻頭カラー】

・映画『3月のライオン』公開直前インタビュー
「儚さと強さ」主演・神木隆之介さん(桐山零役) 【構成】田名後健吾

【特集1 】

・第75期順位戦ラス前(全クラスレポート)
 [A級 8回戦]挑戦者決まらず、最終戦へ 【記】塚田泰明九段
 [B級1組 12回戦]久保、1戦残し昇級  【文】浅見将平
 [B級2組 10回戦]斎藤と菅井、ともに敗れる 【文】渡辺壮大
 [C級1組 10回戦]横山、全勝で昇級いちばん乗り 【文】池田将之
 [C級2組 10回戦]全ては最終節へ [文]相崎修司

【特集2 】

・四間飛車には無敵棒銀! ―急戦の王道 棒銀の優秀性を検証する―
 [Chapter1 棒銀対談]「加藤棒銀は偉大なり」飯塚祐紀七段×高野秀行六段
 [Chapter2 インタビュー]「ひふみん、棒銀を語る」加藤一二三九段
 [Chapter3 講座]「攻めて勝つ! 棒銀戦法」石田直裕四段
 [Chapter4 次の一手]「棒銀次の一手」梶浦宏孝四段

【プロ棋戦 】

・第66期王将戦七番勝負 郷田真隆王将×久保利明九段
 [第4局※速報]「郷田、瀬戸際で踏ん張る」【文】編集部
 [第3局]「僅差の明暗」 【記】小暮克洋
・第42期棋王戦五番勝負 渡辺 明棋王×千田翔太六段
 [第1局]「神経戦の果てに」 【記】大川慎太郎
・第10回朝日杯将棋オープン戦
 [決勝・準決勝]八代、朝日をつかむ 【文】古川徹雄
・岡田美術館杯第43期女流名人戦五番勝負 里見香奈女流名人×上田初美女流三段
 [第3・4局]「里見、逆境跳ね返しフルセットへ」 【文】渡部壮大

【連載講座】

・イメージと読みの将棋観・Ⅱ 構成/鈴木宏彦
・最新定跡探査[振り飛車編Vol.8] 門倉啓太五段
 「石田流 ― 先手振り飛車、エースの登場」
・かりんの将棋部屋[最終回]「二枚落ち 実戦編」
 講師/戸辺 誠七段 生徒/伊藤かりん(乃木坂46)

【その他】

・熱闘!羽生将棋
・言い訳をしたい棋譜 【文】前田祐司八段
・公式棋戦の動き
・第30期竜王戦ランキング戦
・昇段コース
・懸賞詰将棋(出題・若島正)、懸賞必至(出題・武市三郎七段)
・詰将棋サロン(選者・及川拓馬六段)

【付録】

「二枚落ち新定跡 居玉突貫棒銀」泉 正樹八段

【誤植のお詫び】

※将棋世界11月号 P86~87「第29期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局」の棋譜に誤りがありました。

(誤)
▲九段 丸山忠久
△九段 三浦弘行
(正)
▲九段 三浦弘行
△九段 丸山忠久

深くお詫びして訂正いたします。

--------------------------------------------------------------------

※将棋世界10月号 P88 森信雄七段作 穴熊流次の一手【第8問】ですが、P90【次の一手解答と解説】の欄で、記述に誤りがありました。

【第8問】解答▲2二銀 △同玉は▲3二桂成△同銀▲4二成銀。△同銀なら▲3二桂成。△同金も▲3一竜で先手勝ち。

とありましたが、正しくは

【第8問】解答▲2二銀 △同玉は▲5四角成。△同金も▲3一飛成で先手勝ち。

の誤りでした。お詫びして訂正します。

創刊の背景

【戦前】

創刊号の発行所である博文館は、明治大正出版史に"博文館時代"という一時代を画した老舗で、棋界不振の明治初期から、定跡本や詰将棋の袖珍本を多く出版して、棋界振興に力がありました。

第1期名人戦を契機として、昭和12年に「将棋大成会公認」として創刊したのが、今日の「将棋世界」の始まりで、同15年に博文館から大成会に出版権が移って、名実ともに棋士団体の直営雑誌となりました。

表紙にしばしば掲載された『龍虎』の絵は、画壇の巨匠で将棋愛好家の梅原龍三郎のものです。洋画研究で渡米した山口愚仙画伯の描く、関西の「将棋雑誌」(明治44年)の表紙とともに、表紙絵の双へきといってよいでしょう。

【戦後】

「将棋世界」の復刊を担当したのは、加藤治郎・北楯修哉の両八段と奥野基芳五段・山川次彦四段(段位は当時)です。

検閲のためGHQ当局に出掛けて交渉したり、用紙不足で製紙会社や出版社を走りまわったりして、やっと再刊第一号(A5判・34ページ・2円50銭)を出したのは、昭和21年6月でした。

再刊第3号の8・9月合併号には、6月末までの順位戦73局について、「向飛車中飛車四間飛車などの古型が筆頭で十八局、次が相掛りで十六局、角換り角不換の腰掛銀が十三局、横歩取り十二局、其他十四局」と報じていますが、大きく揺れ動く敗戦後の世相さながらに、将棋戦法も戦前のものから、大きい質的な変革が始まりつつあることを物語っていました。

(参考文献:『[写真でつづる]将棋昭和史』)

ご購入方法

インターネット

日本将棋連盟デジタルショップからご購入できます。各種お支払い方法をご用意しております。また、定期購読はマイナビBOOKSからお手続きができますので、ぜひご利用下さい。

将棋会館でのご購入

東京・将棋会館関西将棋会館の1階販売部。

書店でのご購入

全国の書店にて販売しております。

電子書籍版のご購入について

将棋世界の電子版はAmazon Kindleストア、マガストア、fujisan.co.jp、雑誌オンライン+BOOKS、Google Play等で購入できます。価格は1部600円です。

Amazon Kindleストア

【対応端末】
iOS、Android、専用端末。
Androidは、Google Playにて、iPhone・iPadは、AppStoreにて、「Kindle」で検索してください。
【決済方法】
クレジットカード決済、プリペイドカード

マガストア

【対応端末】
iOS、Android、専用端末。
Androidは、Google Playにて、iPhone・iPadは、AppStoreにて、「マガストア」で検索してください。
対応端末の詳細はこちら
【決済方法】
クレジットカード決済、アプリ内課金の場合プリペイドカードも可

fujisan.co.jp

【対応端末】
PC、iOS
【決済方法】
クレジットカード決済、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い
【定期購読】
6カ月:3,500円、12カ月:6,800円

雑誌オンライン+BOOKS

【対応端末】
PC、iOS、Android 対応端末の詳細はこちら
Androidは、Google Playにて、iPhone・iPadは、AppStoreにて、「雑誌オンライン」で検索してください。
【決済方法】
クレジットカード決済、アプリ内課金の場合プリペイドカードも可。
【定期購読】
6カ月:3,500円、12カ月:6,800円

Google Play

【対応端末】
PC、iOS、Android。
Androidは、Google Playにて、iPhone・iPadは、AppStoreにて、 「Play Books」で検索してください。
【決済方法】
クレジットカード決済、キャリア決済、Andoroidアプリ内課金の場合プリペイドカードも可。

e-shinbun

【対応端末】
PC、iOS、Android。対応端末の詳細はこちら
※PCではbookend desktop及び最新版のAdobe Readerを、Androidではbookendアプリ及び最新版のAdobe Readerを、iOSはbookendアプリをインストールする必要があります。
【決済方法】
楽天銀行、ジャパンネット銀行、WebMoney、Bitcashでポイントを購入(1号600ポイント。ポイントをまとめて購入すると、最大15%お得)
【定期購読】
6カ月:3,500ポイント、12カ月:6,800ポイント。
e-shinbunのみ、週刊将棋とのセット販売もあります。