日本将棋連盟

HOME > よくあるご質問 > 対局規定(抄録)

よくあるご質問

対局規定(抄録)

第2章 総則

第8条 公式棋戦規約
各公式棋戦の抽選・実施にあたっては、次のような規約が定められている。
A.師弟戦
  1. トーナメント戦においては、一次予選の1回戦の師弟戦は行わない。
  2. ただし、二次予選や本戦の1回戦はこれには該当しない。
  3. B級2組以下の順位戦においては師弟戦は行わない。
  4. A級・B級1組の順位戦においては、師弟戦はリーグの中間で行う。
  5. 各順位戦の最終局には、兄弟弟子同士の対局は行わない。
  6. その他のリーグ戦においても、最終局に師弟戦は行わない。
B.リーグ戦(順位戦も含む)
  1. 最終局は原則として同日に行うものとする。
  2. 先手番・後手番は事前に決定するが、回数の均等に努める。また同手番の3回連続はない。
C.順位戦
  1. B級2組・C級1組の抽選の際は、前期未対戦者を優先するが、リーグ組み合わせが不可能な場合は前期の対戦者を抽選の候補に入れる。
    ただし3年連続の同じ対戦はない。
  2. C級2組は前期の対戦者と当たらない。

第3章 対局の進行

第3条 先後の決定
先手・後手の決まっていない対局の先後の決定は、記録係が原則として、上座の対局者の歩を5枚振って決める。
振り駒の結果、「歩」が多く出たら上座の先手、「と金」が多く出たら下座の先手とする。
  1. 振った駒が重なったり、立った場合は、その駒を数えず残り駒で決定する。
  2. 「歩」と「と金」が同数になった場合は、再度振り駒をする。
  3. 記録係は、振り駒の前に両対局者に確認してから振り駒をする。
第4条 持時間
対局者の持時間は、各棋戦によって異なり、記録係がストップウォッチあるいはチェスクロックで計る。
A.ストップウォッチ使用の場合
  1. 1分未満は切り捨て、消費時間には加えない。
  2. 持時間を使い切る1分前より秒読みとなり、使い切った場合は負けとなる。
B.チェスクロック使用の場合
持時間を使い切ってから秒読みとなる。
第5条 秒読み
対局者の持時間が切れた時点より、記録係が秒読みを行う。
  1. 1分将棋の場合は「30秒・40秒・50秒・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10」と、秒を読む。
    最後の「10」を読まれた対局者は時間切れで負けとなる。
  2. 30秒将棋の場合は「10秒・20秒・1・2・3・4・5・6・7・8・9・10」と、秒を読む。
    最後の「10」を読まれた対局者は時間切れで負けとなる。
  3. 対局者は残り10分になったら、1分将棋になる前から、同様の秒読みを記録係に要求することができる。
  4. 対局者が秒読みの最中に駒を手から落とした場合には、指で盤面部分を押さえ、どう指すかを言えは着手の代用と認める。
第6条 指し直し
千日手や持将棋が成立した場合は、30分の休憩後、即日、先後を入れかえて指し直す。
  1. 指し直し局の持時間は両対局者の各残り時間とする。
    片方または両方の対局者の持時間が、1時間に満たない場合には、少ない方の対局者の持時間が1時間になるように、両対局者に同じ持時間を加える。
    ただし、初めの持時間を越えて加算することはない。
  2. 再度・指し直しになった場合も同様の処理をする。
  3. 持時間が1時間以下の棋戦(テレピ棋戦他)については、その棋戦の実行規定に委ねる。
  4. 千日手局や持将棋局は、タイトル戦を除き、通常1局とは数えない。
A.千日手
同一局面が4回現れた時点で「千日手」となり、無勝負とする。尚、連続王手の千日手は反則である(第8条反則の第7参照)。なお、同一局面とは、「盤面・両者の持駒・手番」がすべて同一を意味する。(※)
B.持将棋(両者の合意による)
互いに敵陣に玉が入り、どちらも相手の玉を詰ます見込みがなくなった場合は、両対局者の合意で「持将棋」となり、無勝負とする。
持将棋が成立するには、大駒1枚を5点、小駒1枚を1点として数え、両対局者の点数が各々24点以上なくてはならない。
24点に満たない対局者は負けとなる。
ただし、両者合意に至らない入玉将棋については次項の「入玉宣言法」が適用可能となる。(※)
C.入玉宣言法(現行の24点法に基づく)
宣言しようとする側の手番で、持ち時間に指さずに「宣言します」と言い、時計を止めて対局を停止させる。その時の局面が、次の条件を満たしていれば、宣言側が、勝ちまたは引き分け(無勝負)となる。
 [条件1]宣言側の玉が敵陣3段目以内に入っている。
 [条件2]宣言側の敵陣3段目以内の駒は玉を除いて10枚以上存在する。
 [条件3]宣言側の玉に王手がかかっていない。
 [条件4]宣言側が(大駒5点、小駒1点の計算で)
 A.31点以上あれば宣言側が勝ち。
 B.24点以上30点以下であれば持将棋引き分け(無勝負)。
 ただし、点数の対象となるのは、玉を除く宣言側の持駒と敵陣3段目以内に存在する
 宣言側の駒のみである。
 尚、条件1〜4のうち一つでも満たしていない場合、宣言側が負けとなる。(※)
第8条 反則
1. 対局中に反則を犯した対局者は即負けとなる。(※)
2. 両対局者が反則に気がつかずに対局を続行し、終局前に反則行為が確認された場合には、
  反則が行われた時点に戻して反則負けが成立する。
4. 終局後は反則行為の有無にかかわらず、投了時の勝敗が優先する(投了の優先)。
6. 対局者以外の第三者も反則を指摘することができる。
7. 連続王手の千日手とは、同一局面が4回出現した一連の手順中、片方の手が
  すべて王手だった場合を指し、王手を続けた側がその時点で負けとなる。
  従って開始局面により、連続王手の千日手成立局面が王手をかけた状態と
  王手を解除した状態の二つのケースがある。 (※)

(※)は平成25年10月1日より暫定施行。

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.