日本将棋連盟

谷川浩司九段が紫綬褒章を受章

更新: 2014年11月 4日 10:30

谷川浩司九段

 平成26年「秋の褒章」において、谷川浩司九段(日本将棋連盟会長 52歳)が紫綬褒章を受章する事になりました。紫綬褒章は、長年にわたり学術・芸術上の発明、改良、創作に関して事績の著しい者に授与されるものです。将棋界での褒章受賞者は12人目になります。

谷川会長コメント
将棋をはじめて47年、プロ現役生活38年になりますが、特に大きな病気もなく健康で続けてこられたことに感謝しております。
プロ棋士としての対局と会長職の両立も気持ち新たに務めてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。
将棋界での同章受章者(受章順・肩書きは受章当時)
受章日 受章
昭和35年11月3日 木村義雄 十四世名人
昭和48年11月3日 升田幸三 九段
昭和50年11月3日 塚田正夫 九段
昭和54年4月29日 大山康晴 十五世名人
平成4年4月29日 二上達也 九段
平成12年4月29日 加藤一二三 九段
平成15年11月3日 米長邦雄 永世棋聖
平成20年4月29日 中原  誠 十六世名人

backtotop このページのTOPに戻る

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.