日本将棋連盟

祝 新入学・進級キャンペーン企画 「『王位戦から学ぶ』~将棋と新聞で脳を鍛えよう!」のご案内

更新: 2016年3月16日 11:50

「王位戦から学ぶ」将棋と新聞で脳を鍛えよう_01将棋棋士の島朗九段、深浦康市九段が西日本新聞掲載の将棋のタイトル戦「王位戦」観戦記と朝刊1面コラム「春秋」を題材に、将棋が含む礼節、日本語の美しさやものごとの熟達の過程を講義する。

日時
平成28年4月2日(土) 13:30~16:30 ☆受付13:00~
会場
西日本新聞社10階会議室(福岡市中央区天神1-4-1)
会場までのルート案内[提供:NAVITIME]
http://www.navitime.co.jp/maps/poi?code=00004-40105300009
ご自宅から会場までドアtoドアのトータルナビが無料でご利用頂けます。
主催
西日本新聞社、日本将棋連盟
後援
福岡市教育委員会
協賛
森永乳業九州株式会社
協力
九州通信ネットワーク(QTNet)
募集人員
小学校4、5、6年生とその保護者 先着20組40名
参加費
無料 ※当日、筆記用具とノートを持参ください
内容
講師:島朗九段、深浦康市九段
◎島 九段 1963年、東京都世田谷区生まれ。初代竜王保持者、日本将棋連盟常務理事。
◎深浦九段 1972年、長崎県佐世保市生まれ。第48~50期王位保持者。
*1時限目 13:30~14:15
~将棋から学ぶ文化資本~上達の仕組み・記憶力と集中力の秘密・学びのリズムや意志と習慣について
~対局作法の実際とレクチャー
眞部利應・九州通信ネットワーク会長、福岡市立長丘中3年・水町みゆさん(九州研修会在籍)による対局模範の実演
*2時限目 14:25~15:10
~王位戦の観戦記の深浦九段による自戦解説・タイトル戦の雰囲気の中の心の揺らぎを聞く
~「春秋」(西日本新聞掲載)を材料に、コラムの文章の特性を考えて、国語教育に役立ててみる
※希望者には15時20分から指導対局あり

*終了 16:30予定
申し込み
メールで氏名、住所、連絡先(メールアドレス、携帯電話番号)、学年を記入し、 oubo@nishinippon-np.jpまで。先着順で受け付けます。
参加者へは参加証をお送りいたします。
問い合わせ
〒810-8721 福岡市中央区天神1-4-1
西日本新聞社こどもふれあい本部「王位戦から学ぶ」事務局まで。
TEL:092(711)5558 ※月曜~金曜、9:30~17:30

backtotop このページのTOPに戻る

cont_end

公益社団法人 日本将棋連盟
このサイトの掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。
Copyright(c) 2000 Japan Shogi Association , All rights reserved.