里見香奈女流四冠、棋士編入試験受験へ【日程追記あり】

更新:2022年07月15日 17:00

 このたび日本将棋連盟は、女流棋士の里見香奈女流四冠(女流王座・女流王位・女流王将・倉敷藤花)より棋士編入試験受験申込を6月24日に受理いたしました。
里見女流四冠は5月27日に行われた対局に勝ち、10勝4敗で棋士編入試験受験資格を満たしておりました。試験は規定通り8月から1ヶ月に1対局行われ、試験日と試験会場は里見女流四冠と試験官の日程を調整し決定いたします。

【公益社団法人日本将棋連盟 棋士編入試験規定】

試験日
申請受理月の2ヶ月後から開始、1ヶ月に1対局
試験会場
原則として「東京・将棋会館」または「関西将棋会館」
受験資格
・現在の公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、
なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者
・四段以上の正会員の推薦のある者
試験内容
棋士との5番勝負(試験官は新四段5名を棋士番号順に選出)
※持時間3時間
※対局は将棋連盟の公式戦対局規定に準ずる
※1局目に振り駒、以下5局まで先後交代
※5対局中3勝で合格、フリ―クラスへの編入資格を得る
※合格者は4月1日付または10月1日付で四段となる

【里見香奈女流四冠プロフィール】

・島根県出雲市出身
・師匠:森けい二九段
・1992年3月2日生まれ
・2004年10月1日 女流2級
 2020年4月1日 女流六段
【本人コメント】
日頃よりご尽力頂いております関係者の皆様、ファンの皆様には心より感謝申し上げます。
この度、棋士編入試験受験申込書を提出致しました。
全力を尽くしますので、静かに見守って頂けると幸いです。よろしくお願い申し上げます。 

【試験官と対局日程】

  
  試験官 試験日(10時~) 試験会場
1 徳田拳士 四段 8月18日(木)関西将棋会館
2 岡部怜央 四段 未 定
3 狩山幹生 四段 未 定
4 横山友紀 四段 未 定
5 高田明浩 四段 未 定

参考記事

女流棋士、女性奨励会員の棋戦参加について

この記事の関連ワード

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

関連ニュース

一覧へ