大会・イベント・教室・例会等の運営におけるガイドライン

更新:2020年06月12日 16:25

 日本将棋連盟では、大会・イベント・教室・例会等の運営におけるガイドラインを作成しました。各自治体の要請・指示に従うことを前提とした上で、活動再開の指針としてください。

【参加者】
(1)開催当日起床後に検温を行い、37.5℃以上の発熱や新型コロナウイルスの感染と似た症状が見られる場合は、運営者に報告のうえ参加を辞退する。
(2)会場では必ずマスクを着用し、咳エチケットを徹底する。
(3)対局の前後、会場入りの際には手指の消毒や手洗い、うがいを行う。
(4)対局終了後は感想戦を行わず、速やかに結果を報告し退室する。(指導対局のみ、終了後手短に行う場合は可。)
(5)大声での会話を避け、対局中はなるべく声を発さないようにする(挨拶、投了以外)。
【運営者】
(1)開催当日起床後に検温を行い、37.5℃以上の発熱や新型コロナウイルスの感染と似た症状が見られる場合は、会場へは行かないこと。
(2)消毒液、マスクの予備を用意する。会場内では、参加者・運営者共に必ずマスクを着用し、咳エチケットを徹底する。
(3)参加者名簿を作成し、連絡先等を把握しておく。
(4)大声での会話を避け、窓の開放や換気扇によって頻繁に換気する。(2方向の窓を開け、数分程度の換気を1時間に2回程度行うことが有効とされている。)
(5)適時、盤駒・駒台・対局時計・大盤等、多くの人が触れる備品や箇所を消毒する。
(6)対局等座席の間隔を通常よりも余裕をもった設定とする。出来れば1メートル以上距離をとり、座席の前後左右に別の座席を配置しない。(四方を空けた席配置を行う。)
(7)指導対局は、3面指しを上限とする。ただし、1メートルから2メートルの距離が確保できる場合は、5面指しまで可。
(8)対局、指導対局は、一局1時間以内とする。
(9)教室、講座等は、1コマが1時間を超えないようにする。1コマごとに換気、手指の消毒や手洗い、うがいを行う。
(10)自治体のガイドラインに沿った形で、入場者の人数制限を行う。狭い会場の場合、保護者は別室に待機してもらう。
(11)懇親会、大人数と長時間の打ち合わせは禁止。
(12)棋士・女流棋士との握手、集合・密接した写真撮影は禁止。

 感染予防・拡大防止と、皆様の健康を守るために、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

関連ニュース

一覧へ