将棋ニュース

第42期棋王就位式ならびに祝賀パーティー

更新:2017年05月30日 14:55

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

渡辺明棋王が永世棋王位を獲得した第42期棋王就位式ならびに祝賀パーティーは5月23日、東京都港区「第一ホテル東京」で、将棋ファン、関係者ら約170名が出席して行われました。

主催者あいさつ

第42期棋王就位式_01 第42期棋王就位式_02
株式会社共同通信社 佐藤雄二郎・代表取締役社長

第42期棋王就位式_03
日本将棋連盟 佐藤康光会長

第42期棋王就位式_04
契約新聞社代表あいさつ
静岡新聞社 大石剛・代表取締役社長

第42期棋王就位式_05 第42期棋王就位式_06
就位状授与 佐藤(康)会長から

第42期棋王就位式_07 第42期棋王就位式_08
賞杯・賞金目録授与 佐藤(雄)社長から

第42期棋王就位式_09
永世棋王の資格獲得 功労金目録、副賞授与 佐藤(雄)社長から

第42期棋王就位式_10 第42期棋王就位式_11
永世棋王へのお祝いスピーチ 加藤一二三・九段

第42期棋王就位式_12
来賓祝辞 株式会社講談社「週刊少年マガジン」編集部 永盛拓也様から

第42期棋王就位式_13
花束贈呈 谷井さやかさん・遼平君から

第42期棋王就位式_14渡辺棋王謝辞
「挑戦者の千田翔太六段は、私より9歳若く、対局するのも初めてでした。コンピューター将棋に精通して、定跡にとらわれない指し方をする棋士と思っていました。実際には序盤巧者で、リードされることが多く、第3局まで私にいいところがありませんでした。ただし、今期は連続5期目の永世棋王位が懸かっていました。おそらく最初で、最後のチャンスだと思っていたので、何とかしたいという強い気持ちがあり、第4局、第5局といい将棋が指せました。でも、最終第5局の前は眠れませんでした。当日はなるようになると思っていました。本シリーズは先手番がすべて勝っていて、第5局の振り駒で先手になったのは運が良かったです。とはいえ、今後は振り駒に左右されないようにしたい。永世棋王位の資格を得たことは大きな喜びです。それに恥じないように、また若い人の好敵手でいられるように頑張っていきたいです」


第42期棋王就位式_15
乾杯の音頭 株式会社共同通信社 福井順一・常務取締役

第42期棋王就位式_16
当日配られたパンフレット

この記事の関連ワード

関連ニュース

一覧へ