棋戦トピックス

棋聖戦は豊島八段が羽生棋聖に勝ち、初タイトル奪取に王手。王座戦、挑戦者決定戦の組み合わせは?【6月30日~7月6日の注目対局結果】

更新:2018年07月07日 12:30

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

6月30日(土)~7月6日(金)に行われた注目対局の結果をご紹介します。

ヒューリック杯棋聖戦では豊島将之八段が羽生善治棋聖を破り2勝1敗とし、初タイトル奪取にあと1勝となりました。また、王位戦七番勝負第1局が開幕し、菅井竜也王位が豊島八段を破り先勝。豊島八段は2つのタイトル戦番勝負を指す1週間となりました。

王座戦は挑戦者決定トーナメント準決勝が行われ、渡辺明棋王が永瀬拓矢七段を、斎藤慎太郎七段が藤井聡太七段を破り、挑戦者決定戦進出を決めました。

※段位・成績は対局当時のもの

第31期竜王戦

【決勝トーナメント】三浦弘行九段が松尾歩八段を破り準決勝進出

●松尾歩八段-○三浦弘行九段

第31期竜王戦決勝トーナメントで、松尾歩八段VS三浦弘行九段の対局が7月2日に行われ、三浦九段が116手で松尾八段を破り、準決勝へと駒を進めました。

三浦九段は第6期より本棋戦に参加しており、1組在籍は9期、決勝トーナメントには6回進出しています。前期1組から降級するも、4期ぶりとなる2組で優勝を果たし、本局まで勝ち進みました。

topic_0707_matome_ryuuou_0702.jpg
写真左:松尾歩八段/写真右:三浦弘行九段

第77期順位戦

【C級1組】藤井聡太七段が豊川孝弘七段に勝ち1勝0敗に

●豊川孝弘七段-○藤井聡太七段

第77期C級1組順位戦で、豊川孝弘七段VS藤井聡太七段の対局が7月3日に行われ、藤井七段が111手で豊川七段に勝ち、1勝0敗としました。

次戦は、藤井七段は西尾明六段と、豊川七段は塚田泰明九段と対局します。

藤井七段は、順位戦初参加の第76期に全勝でC級1組へ昇級しました。

topic_0707_matome_juniC1-1_0703.jpg
写真左:豊川孝弘七段/写真右:藤井聡太七段[名人戦棋譜速報より]

【C級1組】増田康宏六段が都成竜馬五段に勝ち1勝1敗に

●都成竜馬五段-○増田康宏六段

第77期C級1組順位戦で、都成竜馬五段VS増田康宏六段の対局が7月3日に行われ、増田六段が108手で都成五段に勝ち、1勝1敗としました。

次戦は、増田六段は門倉啓太五段と、都成五段は近藤誠也五段と対局します。

増田六段は本棋戦に第74期より参加しており、これで通算成績は24勝8敗(0.7500)となりました。また、6月29日に行われた竜王戦決勝トーナメントでは藤井聡太七段を破り、勝ち進んでいます。

topic_0707_matome_juniC1-2_0703.jpg
写真左:都成竜馬五段/写真右:増田康宏六段[名人戦棋譜速報より]

【C級1組】近藤誠也五段が千葉幸生七段に勝ち2勝0敗に

○近藤誠也五段-●千葉幸生七段

第77期C級1組順位戦で、近藤誠也五段VS千葉幸生七段の対局が7月3日に行われ、近藤五段が128手で千葉七段に勝ち、2勝0敗としました。

次戦は、近藤五段は都成竜馬五段と、千葉七段は青嶋未来五段と対局します。

近藤五段は順位戦初参加の第75期にC級1組へ昇級。第76期の順位戦成績は8勝2敗でした。

topic_0707_matome_juniC1-3_0703.jpg
写真左:近藤誠也五段/写真右:千葉幸生七段[名人戦棋譜速報より]

第59期王位戦

【七番勝負第1局】菅井竜也王位が1勝目

○菅井竜也王位-●豊島将之八段

菅井竜也王位に豊島将之八段が挑戦する第59期王位戦七番勝負の第1局が7月4・5日(水・木)に愛知県豊田市「ホテルフォレスタ」で行われ、菅井王位が豊島八段を133手で破り1勝目をあげました。

第2局は7月24・25日(火・水)に兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」で行われます。

topic_0707_matome_Oui_0704.jpg
写真左:菅井竜也王位/写真右:豊島将之八段

第66期王座戦

【挑戦者決定トーナメント 準決勝】渡辺明棋王が永瀬拓矢七段に勝ち挑戦者決定戦進出

○渡辺明棋王-●永瀬拓矢七段

第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、渡辺明棋王VS永瀬拓矢七段の対局が7月5日に行われ、渡辺棋王が114手で永瀬七段に勝ち、挑戦者決定戦へとコマを進めました。

挑戦者決定戦では、斎藤慎太郎七段と対局します。

渡辺棋王は第49期より本棋戦に参加。第51期のタイトル戦初挑戦で羽生善治王座に2勝3敗で敗退し、第59期に再び挑戦。3勝0敗でタイトル奪取しました。

【挑戦者決定トーナメント 準決勝】斎藤慎太郎七段が藤井聡太七段に勝ち挑戦者決定戦進出

○斎藤慎太郎七段-●藤井聡太七段

第66期王座戦挑戦者決定トーナメントで、斎藤慎太郎七段VS藤井聡太七段の対局が7月6日に行われ、斎藤七段が103手で藤井七段に勝ち、挑戦者決定戦進出を決めました。

挑戦者決定戦では、渡辺明棋王と対局します。

斎藤七段の本棋戦初参加は第61期で、昨年第65期には初の挑戦者決定トーナメントに進出するも、青嶋未来五段に敗れて惜しくも準決勝で敗退しました。昨年よりもひとつ駒を進めた斎藤七段、2度目のタイトル挑戦となるでしょうか。

第66期王座戦挑戦者決定トーナメント対戦表
第66期王座戦挑戦者決定トーナメント対戦表

第44期棋王戦

【挑戦者決定トーナメント】郷田真隆九段が斎藤慎太郎七段を破り勝ち進む

○郷田真隆九段-●斎藤慎太郎七段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、郷田真隆九段VS斎藤慎太郎七段の対局が7月4日に行われ、郷田九段が132手で斎藤七段を破り、勝ち進みました。

次戦は、片上大輔六段と対局します。

郷田九段は第17期より本棋戦に参加しており、タイトル戦に3回登場しています。第37期には久保利明王将との五番勝負を制しタイトルを獲得。第38期に渡辺明タイトルを奪取されました。

【挑戦者決定トーナメント】橋本崇載八段が木村一基九段を破り勝ち進む

●木村一基九段-○橋本崇載八段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、木村一基九段VS橋本崇載八段の対局が7月5日に行われ、橋本八段が83手で木村九段を破り、勝ち進みました。

次戦は、船江恒平六段と対局します。

【挑戦者決定トーナメント】佐藤康光九段が屋敷伸之九段を破り勝ち進む

○佐藤康光九段-●屋敷伸之九段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、佐藤康光九段VS屋敷伸之九段の対局が7月6日に行われ、佐藤九段が114手で屋敷九段を破り、勝ち進みました。

次戦は、菅井竜也王位VS藤井聡太七段 戦の勝者と対局します。

佐藤九段は、棋王戦初参加は第14期。五番勝負には6回出場しており、第32期で森内俊之九段を、第33期では羽生善治竜王を破り、タイトルを獲得しています。

【挑戦者決定トーナメント】稲葉陽八段が松尾歩八段を破り勝ち進む

●松尾歩八段-○稲葉陽八段

第44期棋王戦挑戦者決定トーナメントで、松尾歩八段VS稲葉陽八段の対局が7月6日に行われ、稲葉八段が103手で松尾八段を破り、勝ち進みました。

次戦は、中村太地王座VS増田康宏六段 戦の勝者と対局します。

稲葉八段は第35期より棋王戦に参加。今期は挑戦者決定トーナメントからの登場です。

ヒューリック杯棋聖戦

【五番勝負第3局】豊島将之八段が羽生善治棋聖に勝ち、初タイトル獲得に王手

●羽生善治棋聖-○豊島将之八段

羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第3局が6月30日(土)に静岡県沼津市「沼津倶楽部」で行われ、豊島八段が145手で羽生棋聖に勝ち2勝1敗として、タイトル奪取に王手をかけました。

豊島八段はあと1勝を挙げ、ヒューリック杯棋聖戦を制すると、タイトル挑戦5回目にして初のタイトル獲得となります。

第4局は7月10日(火)に新潟県新潟市「高志の宿 高島屋」で行われます。

topic_0707_matome_kisei_0630.jpg
写真左:羽生善治竜王/写真右:豊島将之八段

【一次予選】勝又清和六段が勝ち進む

○三枚堂達也六段-●杉本和陽四段
○勝又清和六段-●三枚堂達也六段

第90期ヒューリック杯棋聖戦一次予選で、三枚堂達也六段VS杉本和陽四段の対局が7月4日に行われ、三枚堂六段が杉本四段を破り、勝ち進みました。

また同日、勝又清和六段VS三枚堂達也六段の対局が行われ、勝又六段が三枚堂六段を破り、勝ち進みました。

次戦は、八代弥六段と対局します。