6月21日(日)放映!第3回AbemaTVトーナメント ~予選Dリーグ2回戦・チーム永瀬 VS Abemaドリームチーム 事前特集~

6月21日(日)放映!第3回AbemaTVトーナメント ~予選Dリーグ2回戦・チーム永瀬 VS Abemaドリームチーム 事前特集~

ライター: 相崎修司  更新: 2020年06月21日

 第3回AbemaTVトーナメント、予選Dリーグ2回戦が6月21日に放映される。今回も土曜日ではなく日曜日の放映なのでご注意ください。
 対戦カードはチーム永瀬(永瀬拓矢二冠、藤井聡太七段、増田康宏六段)対Abemaドリームチーム(羽生善治九段、鈴木大介九段、三枚堂達也七段)だ。今回は事前に対戦カードが発表されている。それぞれ、

先鋒戦 増田六段―鈴木九段
中堅戦 永瀬二冠―三枚堂七段
大将戦 藤井七段―羽生九段

となっている。ファンが待ち望んでいたであろうカードが大将戦で実現した。この3カードにおける過去の公式戦戦績は以下の通りだ。

第3回AbemaTVトーナメント予選Dリーグ2回戦

増田―鈴木 過去に対戦無し
永瀬―三枚堂 1勝1敗の五分
藤井―羽生 藤井の3勝0敗

第3回AbemaTVトーナメント予選Dリーグ2回戦

 大将戦の戦績はやや差があるが、なんといっても天下の羽生である。若き天才にそろそろ一太刀を返すことも当然考えられ、どうなるかは予想が難しい。
 それぞれの戦型予想については、先鋒戦が鈴木の振り飛車による対抗形で、中堅戦と大将戦は相居飛車の最新形となるだろう。特に藤井―羽生戦は収録の一週間ほど前にも公式戦でぶつかっており、その時は藤井が先手を引いた角換わり腰掛け銀の熱戦だった。その残像を追うわけでもないが、両者がお互い譲らずに先後いずれでも角換わりに誘導することは十分に考えられる。 

第3回AbemaTVトーナメント予選Dリーグ2回戦

 事前には優勝候補にも挙げられていたチーム永瀬は、マイナス2ポイントという苦しい出だし。2回戦で反撃の狼煙を挙げられるか。先鋒戦から大将戦までの全カードで勝ち越せば、チームのポイントがプラスとなり予選通過が確定するが、百戦錬磨のドリームチームがそうやすやすと勝ち越しを許すとも思えない。

 土壇場に立たされた若き天才集団が、一転しての攻勢を見せるか。ドリームチームがその名の通り夢への道をひた走るか。要注目の一戦である。

■ABEMAプレミアムで公開中 予選の動画一覧はこちら>>

予選Aリーグ:
予選Aリーグ第一試合<チーム豊島 VS チーム久保>
予選Aリーグ第二試合<チーム豊島 VS チーム三浦>
予選Aリーグ第三試合<チーム久保 VS チーム三浦>

予選Bリーグ:
予選Bリーグ 第一試合<チーム天彦 VS チーム稲葉>
予選Bリーグ 第二試合<チーム渡辺 VS チーム天彦>
予選Bリーグ 第三試合<チーム渡辺 VS チーム稲葉>

予選Cリーグ:
予選Cリーグ 第一試合<チーム康光 VS チーム糸谷>
予選Cリーグ 第二試合<チーム木村 VS チーム糸谷>
予選Cリーグ 第三試合<チーム康光 VS チーム木村>

予選Dリーグ:
予選Dリーグ 第一試合<チーム永瀬 VS チーム広瀬>

「将棋界初」ドラフト会議開催! 豊島竜王・名人、渡辺三冠ら11名首脳陣集結!

Abema_1.jpg

AbemaTVトーナメント

相崎修司

ライター相崎修司

2000年から将棋専門誌・近代将棋の編集業務に従事、07年に独立しフリーライターとなる。2016年現在は竜王戦、王位戦・女流王位戦、叡王戦、女流名人戦で観戦記を執筆。将棋世界などにも寄稿。

このライターの記事一覧

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています