マイナビ女子オープンはフルセットへ、王座戦挑決Tは丸山九段・行方九段がベスト8進出など5月下旬の注目対局を格言で振り返る

マイナビ女子オープンはフルセットへ、王座戦挑決Tは丸山九段・行方九段がベスト8進出など5月下旬の注目対局を格言で振り返る

ライター: 渡部壮大  更新: 2020年06月03日

緊急事態宣言が解除され、滞っていた対局が再開され始めました。マイナビ女子オープンは13期目にして初のフルセットに。王座戦は決勝トーナメントが進行中です。

第13期マイナビ女子オープン五番勝負第4局

【第1図は△4三飛まで】

第1図は第13期マイナビ女子オープン五番勝負第4局(▲西山朋佳女王△加藤桃子女流三段)。先手中飛車から軽快に動き、西山女王がリードを奪いました。自陣飛車で粘る姿勢を見せた後手ですが、▲5二歩が「と金の遅早」です。以下△8九歩成▲5一歩成△9九と▲4一とで、金駒をはがせる形になりました。先手の攻めが厚い形になり、以下は押し切っています


マイナビ女子オープン中継ブログより

第68期王座戦挑戦者決定トーナメント

【第2図は▲7八香まで】

第2図は第68期王座戦挑戦者決定トーナメント(▲佐々木慎六段△丸山忠久九段)。先手の四間飛車に後手が急戦を仕掛けました。図で△7一歩が「金底の歩岩よりも堅し」です。これで9一竜の利きをシャットアウトし、後手玉に対する脅威がなくなりました。実戦は以下▲9三竜△6五桂から後手が押し切っています

【第3図は△2四同歩まで】

第3図は第68期王座戦挑戦者決定トーナメント(▲行方尚史九段△佐藤天彦九段)。このところ流行の力戦調の矢倉戦に。2筋を突き捨て、ここから▲2三歩△同金▲2五歩△同歩▲同飛△2四歩▲8五飛△6八歩▲8二飛成と、飛車を大きく使ってさばきました。「飛車は十字に使え」です。▲2三歩△同金の「金は斜めに誘え」の効果も大きく、竜を使った横からの攻めが厳しくなっています。以下も難しい戦いが続きましたが、攻めに専念することのできた先手が競り勝ちました

第92期ヒューリック杯棋聖戦一次予選

【第4図は▲4三歩まで】

第4図は第92期ヒューリック杯棋聖戦一次予選(▲谷合廣紀四段△片上大輔七段)。三段時代から研究者としても知られていた谷合四段がデビューしました。午前中のデビュー戦を勝ち、迎えた2局目は東京大学の先輩片上七段と対戦。中盤は優位に進めていましたが、攻めを与えて逆転。▲4三歩と垂らしたものの、次の▲4二歩成が詰めろにならないのが痛いところ。△4六香が「要の金を狙え」の攻めで、俗手ながら厳しい寄せになっています。以下▲4二歩成△4七香成▲同金に△5七竜で、先輩が貫録を見せました。

第3回AbemaTVトーナメント予選Bリーグ

【第5図は▲1七玉まで】

第5図は第3回AbemaTVトーナメント予選Bリーグ(▲佐々木大地五段△渡辺明三冠)。予選Aリーグに続き、勝った方が予選通過の一局となりました。図は終盤戦で飛、馬、角が利いていてどこから攻めるか難しいところですが、△1四歩が「端玉には端歩」です。以下▲2七飛△2四歩と難しい応酬が続きましたが、最後は渡辺三冠が勝ち、予選通過を決めています。

注目対局プレイバック

渡部壮大

ライター渡部壮大

高校生でネット将棋にハマって以来、趣味も仕事も将棋な人。
将棋の月刊誌、週刊紙、書籍などの編集部に在籍経験あり。
アマチュア大会の最高成績は全国ベスト16だが、もう少し上に行けないかと日々努力中。

このライターの記事一覧

高崎一生

監修高崎一生六段

棋士・六段
1987年生まれ、宮崎県日南市出身。2005年10月に四段。(故)米長邦雄永世棋聖門下。 攻める棋風を持ち味としている振り飛車党。
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています