予選突破するのは...?第3回AbemaTVトーナメント ~4月25日放送、予選Aリーグ3回戦・チーム三浦VSチーム久保 事前特集~

予選突破するのは...?第3回AbemaTVトーナメント ~4月25日放送、予選Aリーグ3回戦・チーム三浦VSチーム久保 事前特集~

ライター: 相崎修司  更新: 2020年04月25日

*前回の記事:第3回AbemaTVトーナメント ~4月18日放送、予選A組2回戦・チーム豊島VSチーム三浦振り返り~

第3回AbemaTVトーナメント、予選Aリーグ3回戦のチーム三浦(三浦弘行九段、本田奎五段、高野智史五段)チーム久保(久保利明九段、菅井竜也八段、今泉健司四段)戦が4月25日(土)19時から放映される。決勝トーナメント進出チームを決める大きな勝負だ。

2回戦で一足早く予選を終えたチーム豊島はマイナス4ポイントと苦しい。決勝トーナメントへの道は他力本願の状態だ。

そして、3回戦開始時点においてはチーム三浦がプラス1ポイントチーム久保がプラス3ポイントとなっている。

チーム三浦が決勝トーナメントに進出するためには、3回戦で勝ち越すのがわかりやすいが、仮に負け越してもマイナスが4ポイント以内なら、チーム豊島を上回るので予選突破が決まる。

3abema_0425_01.jpg
チーム三浦(三浦、高野、本田)

そしてチーム久保は6連敗してもチーム豊島を上回ることが確定しているので、2回戦終了の時点で決勝トーナメント進出が決まった。

3abema_0425_02.jpg
チーム久保(写真左から:今泉、菅井、久保)

チーム豊島にとっては、がけっぷちの状況だが、チーム久保の大爆発に一縷の望みを託す形となった。チーム久保が6連勝のプラス6ならば大逆転で決勝進出。プラス5の場合はチーム三浦とポイントが並ぶため、豊島対三浦というチームリーダー同士のプレーオフが行われる。

チーム三浦対チーム久保のメンバー同士による公式戦戦績は以下の通りだ。

三浦―久保 三浦の13勝16敗
三浦―菅井 三浦の1勝3敗
三浦―今泉 過去に対戦無し
本田―久保 過去に対戦無し
本田―菅井 過去に対戦無し
本田―今泉 本田の0勝1敗
高野―久保 過去に対戦無し
高野―菅井 過去に対戦無し
高野―今泉 高野の2勝1敗

チーム三浦が関東所属、チーム久保が関西所属と分かれていることもあり、チームリーダー同士の対戦を除くと、ほとんど対戦がない。よって星が読みづらいが、それぞれの二番手である菅井と本田はともにタイトル戦経験もある実力者だ。この両者は対チーム豊島でいずれも2勝1敗の1ポイント獲得とチームに貢献している。特に本田は竜王・名人の豊島を下したのは大きな勝利だった。チームの副将格がどのように戦うかというのが一つの見どころだろう。

もちろん大将の2人も自分だけが負けるわけにはいかないと思っているだろうし、対チーム豊島戦で切り込み隊長の役目を果たした高野と今泉も、再び先鋒を任されることは想定しているはずだ。自らの勝利で勢いをつけたいと考えているに違いない。

戦型予想についてだが、チーム久保が振り飛車を主体にして戦うことは間違いない。対して「ミレニアム」と名付けられたチーム三浦が名前通りにミレニアム囲いを見せるか。それともチーム豊島のように穴熊を主体として戦うか。早指し将棋においては玉の堅さも重要だが、相手の作戦予想の裏をかくというのも同じくらい重要である。作戦家で知られる三浦がどのような戦いぶりを見せるか。注目して放映を待ちたい。

予選Aリーグ3回戦「チーム三浦VSチーム久保」戦は、AbemaTV将棋チャンネルで4月25日(土)19時から放送される。

3abema_0425_03.jpg

■ABEMAプレミアムで公開中(登録必要・初月無料)
豊島チーム背水の陣!予選Aリーグ 第二試合<チーム豊島 VS チーム三浦>
https://abema.tv/video/episode/288-23_s50_p3

「将棋界初」ドラフト会議開催! 豊島竜王・名人、渡辺三冠ら11名首脳陣集結!
https://abema.tv/video/episode/288-23_s50_p1

■ドラフト切り出し 完全無料視聴!
チームリーダー登場!「ドラフト会議」
https://abema.tv/video/episode/288-23_s10_p80

1巡目発表!「ドラフト会議」
https://abema.tv/video/episode/288-23_s10_p90

2巡目発表!「ドラフト会議」
https://abema.tv/video/episode/288-23_s10_p100

Abema_1.jpg

AbemaTV将棋チャンネル 第3回AbemaTVトーナメント

AbemaTVトーナメント

相崎修司

ライター相崎修司

2000年から将棋専門誌・近代将棋の編集業務に従事、07年に独立しフリーライターとなる。2016年現在は竜王戦、王位戦・女流王位戦、叡王戦、女流名人戦で観戦記を執筆。将棋世界などにも寄稿。

このライターの記事一覧

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています