将棋コラム

史上初の四冠制覇!第71回アマチュア名人戦全国大会、横山さんが優勝

史上初の四冠制覇!第71回アマチュア名人戦全国大会、横山さんが優勝

更新: 2017年09月25日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

第71回アマチュア名人戦の全国大会が9月2~4日に東京都港区「チサンホテル浜松町」で開催された。各都道府県の代表62人に、前アマ名人の天野啓吾さんと支部名人の横山大樹さんの二人を加えた計64人の大会だ。予選は2勝通過2敗失格のリーグ戦で、その後は32人によるトーナメント戦になる。

初日と2日目は持ち時間は50分で、切れたら秒読みが30秒。1日3局のみと、全国大会ならではの長丁場だ。

amameijin01.jpg

当然ながら予選からハイレベルな戦いが多く、実力者でも予選通過するのは簡単ではない。現アマ三冠の横山大樹さん(支部名人・北海道)、アマ王将の小山怜央さん(岩手)ら優勝候補は2連勝で通過したものの、天野啓吾さん(前アマ名人・兵庫)は予選1回戦で鈴木肇さん(神奈川)に敗れた。その鈴木さんも2回戦で元支部名人の中西浩正さん(福井)に敗れ、予選通過を懸けて3回戦で天野さんと再戦。昨年の準決勝でもある好カードだが、天野さんが1回戦のリベンジを果たして予選通過。

amameijin02.jpg

今大会の最年長選手は67歳の鈴木英春さん(石川)。かつては奨励会にも在籍し、「英春流」で有名となった実力者。ドラマやマンガなどで鈴木さんをモデルにした人物も登場したことがある。予選1回戦で全国優勝多数の桐山隆さん(栃木)を破ったが、2回戦で元アマ王将の山口直哉さん(兵庫)に敗れ、3回戦で桐山さんとの再戦も熱戦の末敗れて予選落ち。厳しいブロックだったが、存在感を見せた。

amameijin03.jpg

初日の予選を終え、2日目は負けの許されないトーナメント戦。準々決勝で横山さんと小山さんの現役アマタイトルホルダーの一戦が実現した。このカードは一昨年の決勝戦でもある。多くのギャラリーが集まる山場の一番だったが、横山さんが中盤から突き離し制勝。3年連続となるベスト4進出を決めた。残りの3人は前名人の天野さん、森下裕也さん(大阪)、髙橋英晃さん(京都)。横山さん以外は関西勢が強さを見せた。

amameijin04.jpg

最終日は平日の月曜日となり、観戦者も少し減っての開催だ。森下さん、髙橋さんはともに初出場ながら実力者。森下さんは三段リーグに在籍経験があり、アマに復帰してからも朝日杯でアマ代表として一次予選を突破する快挙を達成した。髙橋さんも元奨励会二段で、大会では安定した強さを見せている。

amameijin05.jpg

天野さんと森下さんの一戦は相居飛車から天野さんの雁木模様。流行の形だが、天野さんが元々得意としていた作戦で、時代が天野さんに追いついた格好だ。結果は作戦勝ちから筋良く攻めて天野さんの快勝。2年連続の決勝進出を決めた。

amameijin06.jpg

横山さんと髙橋さんの対戦は相掛かりに。両者はかつて研究会が一緒だったそうだが、公式戦では初の対戦だそうだ。終盤まで難しい戦いが続いていたが、駒得を生かして横山さんが押し切った。前夜祭の挨拶では「北海道に優勝を持って帰りたい」と優勝宣言をしていた横山さんが見事に決勝進出。

amameijin07.jpg

前アマ名人と支部名人の招待選手同士となった決勝は、相居飛車から天野さんが再び雁木模様に。作戦勝ちから天野さんが形勢をリード。それでも横山さんの粘りの前になかなか決め手を出せず、混戦模様に。

図が終盤だが、ここで△5五角▲4六桂△6五歩は変調で、▲5七銀と味良く活用できて逆転だ。チャンスを得てからは一気に押し切って横山さんが悲願の初優勝を果たした。図では△3五飛から飛車の成りこみを含みに戦えばまだ後手が優位を保っていた。

amameijin08.jpg

北海道勢の優勝は46年ぶり。横山さんは「過去2年は最終日に残ったが優勝できなくて。今回こそ地元に優勝報告をしたかったので、結果を出すことができてホッとしている」と話した。

amameijin09.jpg

横山さんはこの1年で赤旗名人、支部名人、朝日アマ名人に続く優勝で、アマ6大大会のうち四冠を手にすることとなった。アマ竜王戦では決勝で敗れ四冠を達成できなかったが、2度目のチャンスをつかんだ。トーナメント戦ばかりのアマチュア大会で同時の獲得はかなり難易度が高く、三冠制覇すら初のことだったが、四冠同時制覇は今後破られることはないだろう。横山さんはこの優勝によりアマ名人として名人との角落ち記念対局や棋王戦への出場などが控えている。そちらでも最強アマの活躍を期待したい。

【決勝戦の全棋譜はこちら】

渡部壮大

ライター渡部壮大

高校生でネット将棋にハマって以来、趣味も仕事も将棋な人。
将棋の月刊誌、週刊紙、書籍などの編集部に在籍経験あり。
アマチュア大会の最高成績は全国ベスト16だが、もう少し上に行けないかと日々努力中。

このライターの記事一覧

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています