将棋コラム

竜王戦いよいよ決着。史上最年少棋士、藤井総太四段のデビュー戦も【12月19日-25日の注目局】

竜王戦いよいよ決着。史上最年少棋士、藤井総太四段のデビュー戦も【12月19日-25日の注目局】

更新: 2016年12月16日

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

日本将棋連盟モバイルの来週(2016年12月19日?25日)の中継予定と、その中での注目局をご紹介します。22日(木)には竜王戦七番勝負が決着。24日(土)は加藤一二三九段-藤井聡太四段戦です。

来週の将棋連盟モバイル中継

12月19日(月) 竜王戦 6組ランキング戦 近藤誠也四段-岩根忍女流三段
順位戦 C級1組8回戦 福崎文吾九段-大石直嗣六段
順位戦 C級1組8回戦 高橋道雄九段-横山泰明六段
順位戦 C級1組8回戦 永瀬拓矢六段-青嶋未来五段
12月20日(火) 竜王戦 6組ランキング戦 宮田利男八段-加藤桃子女王
順位戦 A級6回戦 佐藤康光九段-稲葉陽八段
順位戦 C級2組8回戦 岡崎洋六段-三枚堂達也四段
順位戦 C級2組8回戦 及川拓馬六段-増田康宏四段
12月21日(水) 竜王戦 七番勝負第7局 渡辺明竜王-丸山忠久九段
竜王戦 2組ランキング戦 森内俊之九段-行方尚史八段
順位戦 C級1組8回戦 安用寺孝功六段-千田翔太五段
王位戦 予選 澤田真吾六段-都成竜馬四段
12月22日(木) 竜王戦 七番勝負第7局 渡辺明竜王-丸山忠久九段
順位戦 B級1組10回戦 久保利明九段-糸谷哲郎八段
順位戦 B級1組10回戦 木村一基八段-畠山鎮七段
マイナビ女子オープン 本戦 里見香奈女流五冠-室谷由紀女流二段
12月23日(金) 竜王戦 4組ランキング戦 中川大輔八段-高見泰地五段
竜王戦 5組ランキング戦 渡辺正和五段-青嶋未来五段
棋王戦 予選 石川陽生七段-上野裕和五段
12月24日(土) 竜王戦 6組ランキング戦 加藤一二三九段-藤井聡太四段
竜王戦 6組ランキング戦 東和男八段-中島灯希アマ
王座戦 一次予選 村田智弘六段-千田翔太五段

すべての対局一覧

12月19日(月)- 順位戦 C級1組8回戦  

永瀬拓矢六段vs青嶋未来五段

cyumoku1219_01.jpg
c名人戦棋譜速報

前期C級2組からの昇級組で、今期も昇級戦線に加わっている永瀬と青嶋がぶつかる。両者は本局が初手合いだ。6勝0敗の青嶋は暫定2位で昇級が自力。永瀬は5勝1敗で暫定6位につけている。過去10期でC級1組を1期抜けした棋士としては、佐藤天彦名人、橋本崇載八段、戸辺誠七段、澤田真吾六段がいる。本局は永瀬が先手。

12月20日(火)- 順位戦 A級6回戦 

佐藤康光九段vs稲葉陽八段

cyumoku1219_02.jpg
c名人戦棋譜速報

A級初参加ながら、ここまで5勝0敗の成績で単独トップの稲葉。勝ち方にも危なげがなく、前期の佐藤天彦八段(現名人)と同じく1期目での名人挑戦が見えてきている。6回戦の相手は1勝4敗で残留黄信号の佐藤康。対戦成績は佐藤康の2戦2勝だ。本局は稲葉が先手。最近の佐藤康が後手番で多用している角換わり模様からの8筋位取り向かい飛車がここでも出るか。

12月21日(水)- 竜王戦 七番勝負第7局

渡辺明竜王vs丸山忠久九段

cyumoku1219_03.jpg

局を追うごとに盛り上がりが大きくなっている第29期竜王戦七番勝負が、とうとう第7局を迎える。渡辺明の防衛なら2期連続12期目の竜王位獲得、丸山の奪取なら初の竜王位獲得となる。竜王戦の番勝負で決着がフルセットまでもつれ込んだのは、渡辺明が羽生善治名人の挑戦を受け、史上初となる3連敗から4連勝の大逆転で防衛を果たして永世竜王の資格を得た第21期(2008年度)以来だ。対局場は新潟県南魚沼市「温泉御宿 龍言」。先後は改めて振り駒で決定される。

12月22日(木)- マイナビ女子オープン 本戦

里見香奈女流五冠vs室谷由紀女流二段

cyumoku1219_04.jpg

先般、女流王座を奪取して約3年半ぶりに女流五冠に復帰した里見香。まさに鎧袖一触の強さで全女流タイトル同時制覇(女流六冠)に向けて着実に歩みを進めており、残るタイトルはマイナビ女子オープンの女王だけである。本戦2回戦の相手は、大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負でしのぎを削ったばかりの室谷。対戦成績は里見香5勝、室谷1勝となっている。

12月23日(金)- 竜王戦 5組ランキング戦 

渡辺正和五段vs青嶋未来五段

cyumoku1219_05.jpg
c名人戦棋譜速報

全棋士中で唯一、今期勝率8割超えの青嶋が、竜王戦ランキング戦の今期初戦に臨む。竜王戦初参加の前期はいきなり6組で優勝し、続く決勝トーナメントでも3勝を挙げる活躍を見せた青嶋。再び旋風を起こすことができるか。渡辺正とは本局が初手合いだ。

12月24日(土)- 竜王戦 6組ランキング戦  

加藤一二三九段vs藤井聡太四段

cyumoku1219_06.jpg
c名人戦棋譜速報

14歳2ヵ月でのプロ入りで史上最年少棋士となった藤井聡のデビュー戦が行われる。相手はこれまでの最年少記録(14歳7ヵ月)保持者で、現役最年長(76歳)の加藤。年齢差62歳の天才棋士二人による公式対局が見られる機会は、あとにも先にもこの一度きりかもしれない。当日は万難を排して世紀の一戦を見守りたい。(睡蓮記者)

*写真は竜王戦中継ブログ女流王座戦中継ブログ名人戦棋譜速報より引用。

日本将棋連盟モバイル編集局

ライター日本将棋連盟モバイル編集局

将棋ファンのためのモバイルサービス「日本将棋連盟モバイル」を運営しています。棋譜観戦アプリ「将棋連盟ライブ中継」をダウンロードすると、プロの公式対局をリアルタイムで観戦したり、臨場感あふれる対局写真を楽しんだりすることができます。

このライターの記事一覧

将棋連盟ライブ中継

将棋連盟ライブ中継【日本将棋連盟公式】

日本将棋連盟公式ならではの充実コンテンツ盛りだくさん!
ほぼ毎日プロの将棋対局をリアルタイムにお届けします!!

ダウンロードはこちらから

  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
  • Pocketに保存
  • Google+でシェア

こちらから将棋コラムの更新情報を受け取れます。

Twitterで受け取る
facebookで受け取る
RSSで受け取る
RSS

こんな記事も読まれています